現在の位置

土舞台(つちぶたい)

土舞台の画像

見どころ 特徴

「土舞台」顕彰碑は、桜井市出身の評論家・保田與重郎氏の雄渾な文字を彫ったものである。

歴史 由来

「日本書紀」推古20年(西暦612年)に百済の人、味摩之(みまし)が呉で「伎楽舞(くれのうたまい)」を学び、これを聖徳太子がご覧になって、この地で少年を集めて習わしめたという。土舞台は、初の国立演劇研究所がつくられた所であると伝えられている。

分類

遺跡・文化財

散策路

磐余の道

地区

磐余・忍坂エリア

住所

633-0053桜井市谷

交通案内(公共)

桜井駅から南へ800メートル

地図情報