現在の位置

艸墓古墳(カラト古墳)

kusahaka_kohun

見どころ・歴史

一辺約27.5メートルの方墳で、南東側に横穴式石室が開口している。

石室は石材1石を並列して構成する事を基本としており、大型の石材を使用していることが特徴である。

玄室中央部には、竜山石製の刳抜式の家形石棺が一基安置されている。

副葬品不明のために、築造時期は限定できないが、石室が岩屋山式石室の変形である点、石棺の形式などから、7世紀中頃に築造された方墳と考えられる。

地区

磐余・忍坂エリア

所在概要

〒633-0053 桜井市谷657

文化財指定状況

国指定史跡

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)