現在の位置

山田寺跡(やまだでらあと)

山田寺跡画像

見どころ 特徴

現在、奈良の興福寺宝物館に収納されている「仏頭」は、この寺にあった丈六薬師仏である。また、史跡整備に伴う発掘調査では、東廻廊が倒壊したままの状態で発見されており、この連子窓は、山田寺跡から約300メートル西にある飛鳥資料館に展示されている。

歴史 由来

大化改新時の右大臣蘇我倉山田石川麻呂により皇極2年(西暦643年)に建立されたと伝えられる。伽藍配置は四天王寺式で、国の特別史跡として整備されている。

山田寺跡外観画像

分類

遺跡・文化財

散策路

磐余の道

地区

磐余・忍坂エリア

住所

633-0045桜井市山田

文化財等 指定状況

国指定特別史跡

年代

皇極2年(西暦643年)

関連情報

万葉歌碑

本毎に 花は咲けども 何とかも 愛し妹が また咲き出来ぬ

山川に 鴛鴦二ついて 偶ひよく 偶へる妹を 誰か率にけむ

地図情報