現在の位置

古の人の 植ゑけむ 杉が枝に 霞たなびく 春は来ぬらし

万葉歌碑画像

分類

万葉歌碑

名称

歌碑番号12 「古の人の植ゑけむ杉が枝に」(柿本人麿)

散策路

山の辺の道

地区

山の辺・纒向エリア

所在

桧原神社

所在概要

桧原神社拝殿の南、山の辺の 道の脇

巻名

柿本人麻呂歌集巻10-1814

作者

柿本人麿

揮毫者

徳川宗敬

いにしへの ひとのうえけむ すぎかえに かすみたなびく はるはきぬらし

歌の解釈

昔の人が植えたという杉の枝に霞がたなびいていることだ。春はやって来たに違いない。

トイレ

あり

地図情報

あ行