現在の位置

平等寺(びょうどうじ)

平等寺画像

見どころ 特徴

本尊は十一面観音菩薩。関ヶ原の戦いに破れた島津義弘が、一時この寺でかくまわれていた。

歴史 由来

この寺は、西暦581年に聖徳太子が賦徒を平定するため、三輪明神に祈願して賦徒平定後十一面観音を彫んで寺を建立し大三輪寺と称したのにはじまる。鎌倉時代に僧慶円上人(三輪上人)を迎え、平等寺と改称された。明治の廃仏毀釈令により一時崩壊したが、昭和52年3月に復興した。

分類

社寺

散策路

山の辺の道

地区

山の辺・纒向エリア

住所

633-0001桜井市三輪38

所在概要

JR三輪駅より東へ徒歩10分(三輪小学校北側坂上る)

電話番号

0744-42-6033

FAX

0744-42-6033

メールアドレス

byodoji@yahoo.co.jp

交通案内(公共)

JR三輪駅から東へ徒歩10分

交通案内(車)

西名阪天理インターチェンジから車で20分

年代

581年

イベント(有無)

あり

トイレ

あり

ホームページ

平等寺ホームページ

関連リンク

万葉歌碑

わが衣 色に染めなむ うまさけ 三室の山は もみぢしにけり

地図情報