現在の位置

長谷寺(はせでら)

長谷寺画像

見どころ 特徴

仁王門から本堂へ続く登廊が印象的。399段ある石段を登りながら、桜、牡丹、あじさい、紅葉、寒牡丹など四季折々の花が楽しめる。本堂の舞台からは、門前町や与喜山の原生林が一望できる。

歴史 由来

山は山号を「豊山」と称える。創建以来9度の罹災で焼失と復興を繰り返す。現在の本堂は、西暦1650年に再建されたもので、平成16年10月に国宝に指定された。真言宗豊山派の総本山として、 また西国三十三観音霊場第八番札所として、 全国に末寺三千余ヶ寺、 檀信徒はおよ三百万人といわれ、四季を通じ「花の寺」としての多くの人々の信仰をあつめている。

分類

社寺

散策路

伊勢街道

地区

朝倉・初瀬エリア

住所

633-0193桜井市初瀬731-1

電話番号

0744-47-7001

メールアドレス

hasedera@sikasenbey.or.jp

交通案内(公共)

近鉄長谷寺下車、徒歩20分

交通案内(車)

天理インターチェンジ-国道169号線-国道165号線-長谷寺

拝観時間

午前8時30分~午後5時(4~9月)

午前9時~午後4時30分(10~3月)

料金

中学生以上500円、小学生250円、
(団体30名以上)大人450円、中高生350円、小学生200円

駐車場

あり

文化財等 指定状況

本堂は平成16年10月に国宝指定。登廊、仁王堂等は、重要文化財。

年代

朱鳥元年(西暦686年)道明上人-神亀4年(西暦727年)徳道上人ごろの創建といわれる。

花(有無)

あり

イベント(有無)

あり

トイレ

あり

関連情報

万葉歌碑

こもりくの 泊瀬の山に 照る月は みちかけすてふ 人の常なき

遺跡・文化財

木造地蔵菩薩立像(長谷寺)(もくぞうじぞうぼさつりゅうぞう)

木造不動明王坐像(普門院)(もくぞうふどうみょうおうざぞう)

木造十一面観音立像(長谷寺)(もくぞうじゅういちめんかんのんりゅうぞう)

赤精童子像(雨宝童子像)(せきせいどうじぞう(うほうどうじぞう))

難陀龍王立像(なんだりゅうおうりゅうぞう)

銅板法華説相図(どうばんほっけせつそうず)

桜(長谷寺)(さくら(はせでら))

シャクナゲ(長谷寺)(しゃくなげ(はせでら))

寒牡丹・冬牡丹(長谷寺)(かんぼたん・ふゆぼたん(はせでら))

紫陽花(長谷寺)(あじさい(はせでら))

牡丹(長谷寺)(ぼたん(はせでら))

紅葉(長谷寺)(もみじ(はせでら))

行事・イベント

節分大黒天祭(せつぶんだいこくてんさい)

もみじ祭り(もみじまつり)

だだおし(だだおし)

ぼたん祭り(ぼたんまつり)

ホームページ

長谷寺ホームページ

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)