現在の位置

地域包括支援センター

地域包括支援センターとは

地域包括センターは、高齢者のみなさんが住み慣れた地域でいつまでも、その人らしく安心して暮らしていけるように、介護・医療・健康・福祉などさまざまな面から支援するための拠点となる機関です。

 高齢者やその家族の方が、ニーズに応じた保健・福祉サービスが受けられるように、保健や福祉の専門職員が連携して業務を行います。

 市からの委託を受けて福祉法人等が運営していますので、公正、中立、かつ公平な立場で活動しており、利用については無料です。

 どこに相談したらいいかわからないときは、お住まいの中学校区の地域包括センターにまず相談してください。

 

中学校区ごとに次の4カ所の地域包括センターがあります。

担当校区 名称 所在地・電話番号
桜井中学校区 桜井市地域包括支援センターのぞみ 大字阿部1070番地
社会福祉法人大和桜井園内
 42-5590
桜井東中学校区 桜井市地域包括支援センターきずな 大字出雲1642番地 
特別養護老人ホーム
秀華苑内
44-3655
大三輪中学校区 桜井市地域包括支援センターひかり 大字辻53番地 
ワッハ山の辺2階
45-3651
桜井西中学校区 桜井市地域包括支援センターきぼう 大字阿部323番地 
済生会中和病院隣シルバーケアまほろば内
46-1023

主な事業

お気軽にご相談ください。(総合相談・支援事業)

高齢者のみなさんやそのご家族、地域住民の方などからの様々な相談を受けて、適切な情報提供やサービスの紹介を行い、安心して生活できるよう支援します。どこに相談してよいかわからない心配ごとや悩みなどご相談ください。
 

例えば

  • 一人暮らしで心身の衰えが気になる
  • 介護保険のサービスを利用したい
  • 病院から退院するが、家族だけでは介護が大変、など

 

財産や権利のこと(権利擁護事業)

高齢者虐待への対応、早期発見、相談支援など成年後見制度の活用を図りながら、高齢者のみなさんの権利擁護のための必要な支援を行います。
 

例えば

  • 一人暮らしで財産の管理が心配
  • 悪徳商法にだまされた?
  • 虐待を受けている、など

 

自立した生活を続けられるように(介護予防マネジメント事業)

高齢者のみなさんが自立した生活を続けられるように、また要支援認定を受けられた方の状態が維持・改善されるための生活やサービスの利用について助言や相談を行います。
 

例えば

  • 健康づくり・介護の予防に関する情報の提供
  • 今の心身の状態に合わせた予防の支援、など

 

住み慣れた地域で暮らし続けるために(包括的・継続的ケアマネジメント事業)

高齢者のみなさんが住み慣れた地域で暮らすことができるよう、心身の状況やその変化に合わせてとぎれのないサービスが提供できるようにケアマネージャーに対する指導や助言、医療機関などどの調整を行います。
 

例えば

  • 病院や施設と地域の関係機関などとの連携体制作りを進めます
  • 個々のケアマネージャーからの相談に応じて支援します、など

 

介護保険制度

お問い合わせ先
桜井市役所 福祉保険部 地域包括ケア推進室 地域包括ケア推進係
〒633-0062 桜井市大字粟殿1000-1
電話:0744-47-4503(直通)
メールフォームによるお問い合わせ