桜井市

ハイキング
記紀万葉の昔から人々が踏み固めた古道はハイキングに最適です。
山の辺の道や泊瀬道など豊かな緑に包まれ、古代人が歩んだであろう道を夢とロマンをたずねながら歩いてみましょう。
特に山の辺の道は、全長35キロメートルの古道で、日本で最も古い道のひとつ。柿本人麻呂などの歌人が行き来し、「恋の歌」や「自然」を詠んだところとして、「古事記」「日本書紀」や「万葉集」に登場する古代文化の香りを残す道です。
山の辺の道
泊瀬道
いわれ、山田道
多武峯道
粟原道
トップページへ戻る


Copyright 2014 Sakurai City
All Rights Reserved.