現在の位置

木造地蔵菩薩立像(長谷寺)(もくぞうじぞうぼさつりゅうぞう)

見どころ 特徴

肉身部の彩色は補彩だが、衣部に団花文・七宝繋・麻葉文など文様が切金で鮮やかに描かれている

歴史 由来

明快な彫法で品格のある生身の僧形を表すごとき地蔵の表情は鎌倉時代中期の基準作

分類

遺跡・文化財

散策路

伊勢街道

地区

朝倉・初瀬エリア

所在

長谷寺

文化財等 指定状況

県指定重要文化財

年代

弘安6年(1283)

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)