現在の位置

木造阿弥陀如来坐像(阿弥陀堂)(もくぞうあみだにょらいざぞう)

見どころ 特徴

来迎印をあらわす等身の阿弥陀如来像である。丸顔で伏し目がちの穏やかな表情を示し、なで肩の均整の取れた体形、適度に肉付けを盛る優美温雅な作風である。

歴史 由来

平安時代後期に広まった定朝様の作例の中でも、正統風を継承する遺品。台座、光背及び現状の両脇侍像は後補である。阿弥陀堂所在。

分類

遺跡・文化財

散策路

伊勢街道

地区

朝倉・初瀬エリア

所在

慈恩寺

所在概要

阿弥陀堂

文化財等 指定状況

市指定文化財

年代

平安時代後期

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)