現在の位置

纒向石塚古墳(まきむくいしづかこふん)

纒向石塚古墳画像

見どころ 特徴

纒向型前方後円墳は、箸墓等の前方後円墳が定型化される以前のものとされ、極端に前方部が低く、全長:後円部径:前方部長の比率が3:2:1の比率をもつ事が特徴とされている。

歴史 由来

最古の土師器を出土する纒向型前方後円墳の典型と考えられるようになった全長96メートルの前方後円墳であり、3世紀初頭の築造とする考えと、3世紀後半の築造とする考えがある。なお、出土した桧板の年輪からみた年代は、西暦177年+αである。

纒向型前方後円墳の画像

分類

遺跡・文化財

散策路

纒向遺跡

地区

山の辺・纒向エリア

住所

633-0084桜井市太田253-1

所在概要

桜井市立纒向小学校の東側

文化財等 指定状況

国指定史跡

年代

3世紀初頭

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)