現在の位置

木造不動明王坐像(長谷寺)

見どころ・歴史

頭髪を中央で左右に分けるのは珍しく、他に例を見ない異様に迫力のある面貌表現で、体躯もたっぷり肉付けし、厚みのある脚部とその彫り口の強い衣文にも平安前期の特色がある。檜材の1本造である。元は平等寺に安置されていたが、神仏分離の際に長岳寺に移され、その後長谷寺の塔頭寺院である普門院に移座された。

地区

朝倉・初瀬エリア

所在概要

長谷寺境内

文化財指定状況

国指定重要文化財