現在の位置

赤精童子像(せきせいどうじぞう)

見どころ・歴史

本尊の右に安置されている像で、髪を美豆良(みずら)に結い、裳を着け袍衣をまとっている。

檜材の寄木造で彩色、玉眼を持つ。

納入されていた木札の銘から、天文6年に仏師運宗らによって本尊と共にほぼ同時期に造立されたことがわかる。

地区

朝倉・初瀬エリア

所在概要

長谷寺境内

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)