現在の位置

妹が目を 跡見の崎の 秋萩は 比月ごろは 散りこすなゆめ

manyoukahi_60

地区

磐余・忍坂エリア

巻名

巻8-1560

原文

妹が目を 跡見の崎の 秋萩は 比月ごろは 散りこすなゆめ

歌の解釈

始見の崎の秋萩は、今月の間ぐらいは散らないでほしい。

歌人

大伴坂上郎女

揮毫者

服部慶太郎

所在概要

等彌神社境内

駐車場

あり

トイレ

あり

あ行