現在の位置

こもよ みこもち ふくしもよ みふくし持ち この岳に 菜摘ます子 家のらせ 名のらさね そらみつ 倭の国は

こもよ みこもち ふくしもよ みふくし持ち この岳に 菜摘ます子 家のらせ 名のらさね そらみつ 倭の国は おしなべて われこそをれ 敷きなべて われこそませ 我をこそ 背とはのらめ(我こそはのらめ) 家をも名をも

万葉歌碑画像

分類

万葉歌碑

名称

歌碑番号23-2 「こもよみこもちふくしもよみふくし持ち」(雄略天皇)

名称かなよみ

かひばんごう23-2

散策路

伊勢街道

地区

朝倉・初瀬エリア

所在

白山神社

所在概要

白山神社 玉垣の中

巻名

巻1-1

作者

雄略天皇

筆者

保田與重郎

原文

こもよ みこもち ふくしもよ みふくしもち このおかに なつますこ いえのらせ なのらさぬ そらみつ やまとのくには おしなべて われこそませ われをこそ せとはつらめ いえおもなおも

歌の解釈

籠も良い籠を持ち、へら(堀串)もよいへらを持って、この春の岳で菜をお摘みになっている娘さん。あなたの家はどこかききたい。さあ言いなさいよ。この天が下の大和の国は私が押し靡かせており、私が統べ治めているのだよ。さあ、あなたも私におしえてください。あなたの家も名も。

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)