現在の位置

巻向の 山邊とよみて 行く水の みなあわの如し 世の人われは

manyoukahi_08

地区

山の辺・纒向エリア

巻名

巻7-1269

原文

巻向の 山邊とよみて 行く水の みなあわの如し 世の人われは

歌の解釈

巻向山を鳴り響かせながら流れゆく水に浮かぶ水の泡のようなものだ。

世の中を生きる私は。

歌人

柿本人麻呂

揮毫者

市原豊太

所在概要

箸中県道沿い