現在の位置

神山の 山邊真蘇木綿 みじか木綿 かくのみ故に 長くと思ひき

manyoukahi_54

地区

山の辺・纒向エリア

巻名

巻2-157

原文

神山の 山邊真蘇木綿 みじか木綿 かくのみ故に 長くと思ひき

歌の解釈

三輪山の山辺の麻で作った短い木綿。こんなに短いのに、いつまでも長くと思っていた。

歌人

高市皇子

揮毫者

入江泰吉

所在概要

桧原神社北方