現在の位置

夕されば 小倉の山に 臥す鹿の 今夜は鳴かず い寝にけらしも

manyoukahi_21

地区

朝倉・初瀬エリア

巻名

巻9-1664

原文

夕されば 小倉の山に 臥す鹿の 今夜は鳴かず い寝にけらしも

歌の解釈

夕方になると、小倉の山に休んでいる鹿は今夜は泣かない。

もう寝てしまったのだろうか。

歌人

雄略天皇

揮毫者

平澤 興

所在概要

脇本集会所横