現在の位置

山吹きの 立ちしげみたる 山清水 酌みに行かめど 道の知らなく

manyoukahi_13

地区

山の辺・纒向エリア

巻名

巻2-158

原文

山吹きの 立ちしげみたる 山清水 酌みに行かめど 道の知らなく

歌の解釈

山吹が美しく咲いている山の清水を汲みに行こうとするけれども、そこへの道がわからない。

歌人

高市皇子

揮毫者

安田靱彦

所在概要

玄賓庵北側