現在の位置

山川に 鴛鴦二ついて 偶ひよく 偶へる妹を 誰か率にけむ

万葉歌碑画像

分類

万葉歌碑

名称

歌碑番号37 「山川に鴛鴦二ついて偶ひよく」(野中川原史満)

名称かなよみ

かひばんごう37

散策路

磐余の道

地区

磐余・忍坂エリア

所在

山田寺跡

所在概要

山田寺跡の小さな門をくぐった右手

巻名

日本書紀

作者

野中川原史

筆者

前川佐美雄

原文

やまがわに おしふたついて たぐひよく たぐへるいもを たれかいにけむ

歌の解釈

山川におしどりが雌雄離れることなく二つ並んでいるように、私と夫婦仲睦まじくしていた媛を、心なくも誰がいったいひき連れ去ったのでしょうか。

トイレ

あり

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)