現在の位置

三輪そうめん(みわそうめん)

三輪そうめん画像

見どころ 特徴

「大和三輪そうめん名物なり 細きこと糸のごとく 白きこと雪のごとし・・・」

そうめんの里 三輪

厳選された最上質の小麦、そして神々の時代から培われてきたといわれる手作りの技。これらの調和によって生み出された手延べそうめんが、風味豊かな伝統の味で全国に知られる「三輪そうめん」なのです。底冷えのする盆地の寒さと、からりと晴れた冬の空が、糸のように細く歯ざわりのよいそうめんを作り出します。

かど干しの様子

手延べの様子

分類

名産品

散策路

山の辺の道

地区

山の辺・纒向エリア

備考

そうめん作り

厳寒時の朝5時頃には作業を開始し、2昼夜をかけてそうめん作りを行い、伝統の味の継承に取り組んでいます。
<写真A>は2日目の作業です。粘着をさけてさばきながら、約2メートルまで「手延べ」を行うところです。
<写真B>は十分に延ばしきった麺を、やわらかな冬日の下で自然乾燥させる「かど干し」の様子です。そうめんの里ならではの風景です。

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)