現在の位置

笠荒神大祭(かさこうじんたいさい)

笠荒神大祭の様子

見どころ 特徴

当日は、神輿のお渡りがあり、参拝者には甘酒が授与される。特に1月の大祭では、近隣の府県から講の参拝者もたくさん訪れ、信仰の厚さを思わせる。

歴史 由来

カマドの神様として信仰を集め、笠の荒神さんとして親しまれている。大祭は年3回あり1月、4月、9月の28日に行われ、中でも1月は初荒神で賑わう。

開催期間

1月28日、4月28日、9月28日

季節

春,夏,冬

分類

行事・イベント

地区

上之郷エリア

所在

笠山三宝荒神社

概要

笠荒神の大祭の日には、桜井駅から臨時バスが運行される。祭典は、竹林寺で午前11時から行われ、やがて地元の人々による神輿の行列が境内を出て、荒神社まで参道を登ってくる。また、欠かせない神饌として甘酒が用意されるのもこの祭りの特色でもある。

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)