現在の位置

嘉吉祭(談山神社)

kakitusai

地区

多武峰エリア

開催場所

談山神社境内

開催日

10月第2日曜日

概要

南北朝合一ののち永享7年(1435)、南朝の遺臣が多武峰に拠って兵を起こしたため、同10年(1438)8月、足利幕府の大軍がこれを攻め、兵火によって一山が焼失した。

この兵火を避けて御神体を一時、飛鳥の橘寺に遷座したが、3年後の嘉吉元年(1441)9月にもとの多武峰に帰座した。

寛正6年には勅使が派遣され、嘉吉元年の御神体奉還の日をもって祭が営まれることになり、嘉吉祭という名の祭りになった。

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)