現在の位置

安倍文殊院(あべもんじゅいん)

安倍文殊院画像

見どころ・歴史

645年(大化元年)に安倍一族の氏寺として創建された最古に属する寺院。

奈良時代の遣唐留学生・安倍仲麻呂や平安時代の陰陽師・安倍晴明の出生の寺でもある。

本尊は、脇侍を従えた高さ7メートルの日本最大の文殊菩薩像(渡海文殊群像・5体すべて国宝)で、鎌倉時代の大仏師・快慶の作。

日本三文殊の一つとして「智恵の文殊さん」で親しまれ、学業成就の祈願に訪れる人も多い。

渡海文殊の画像

地区

磐余・忍阪エリア

所在概要

〒633-0054 桜井市阿部645

電話番号

0744-43-0002

アクセス

【車をご利用の場合】

西名阪自動車道「天理I.C」から約20キロ

【バスをご利用の場合】

桜井市コミュニティバス南循環線6「安倍文殊院」下車スグ

桜井市コミュニティバス時刻表・運賃表

拝観時間

午前9時~午後5時

料金

大人(中学生以上)700円 小学生500円

駐車場

あり

トイレ

あり

文化財指定状況

本尊の文殊菩薩像と脇侍像など七点が国宝

ホームページ

安倍文殊院

パンジー(安倍文殊院)

コスモス(安倍文殊院)

つつじ(安倍文殊院)

桜(安倍文殊院)

ぼけの花(安倍文殊院)

行事・イベント

文殊お会式(もんじゅおえしき)

節分銭ぶつけ厄払い大法要(せつぶんぜにぶつけやくばらいだいほうよう)

遺跡・文化財

文殊院東古墳

文殊院西古墳

木造騎獅文殊菩薩(もくぞうきしもんじゅぼさつ)