現在の位置

新型コロナワクチン接種に関する特設ページ

新型コロナワクチン接種について(10月13日 更新)

新型コロナワクチン予防接種済証(国内用)について

国内で接種済みであることを示すには、新型コロナウイルスのワクチンを接種した人は、接種券の右側にある「予防接種済証」により接種済みであることを証明することができます。ワクチン接種後、接種情報を記入し、接種会場にてご本人にお渡ししています。国内での公的証明として利用してください。医療従事者および高齢者施設等の従事者で、接種券付き予診票で接種した人は、「新型コロナワクチン接種記録書」が接種した証明になります。

海外渡航(予定)用の「新型コロナウイルス感染症予防接種証明書」(ワクチンパスポート)が必要な人は、別に申請が必要です。

再交付申請をするには・・・・・
「接種済証」「接種記録書」を紛失した等の場合は、接種済証の交付または再交付の申請をしてください。
■対   象
 接種済証を紛失した等の理由により、接種済証の交付または再交付の申請をしてください。
■申請方法
 【必要書類】
  窓口申請・・・・交付申請書(窓口・市ホームページから取得可)、本人確認書類
  郵送申請・・・・交付申請書、返信用封筒(定形・普通郵便の場合84円切手の
           貼付け必要)
    ただし、代理者により申請の場合、「委任状(同一世帯員の場合でも必要)」
     および「代理人の本人確認書類の写し」が、窓口申請・郵送申請のいずれの
    場合においても必要です。

■本人確認書類
  運転免許証、パスポート等の顔写真付きの公的証明書の場合は、いずれか1点
  健康保険証、介護保険証、年金手帳、社員証等の場合は、いずれか2点必要     

新型コロナウイルスワクチン予防接種済証(再)交付申請書 (PDF:108.9KB)

新型コロナワクチン接種に係る健康被害救済制度

一般的に、ワクチン接種では、一時的な発熱や接種部位の腫れ・痛みなどの比較的よく起こる副反応以外にも、副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が生じることがあります。極めて稀ではあるもののなくすことができないことから、救済制度が設けられています。

救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、その健康被害が接種を受けたことによるものであると厚生労働大臣が認定したときは、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。認定にあたっては、予防接種・感染症・医療・法律の専門家により構成される国の審査会で、因果関係を判断する審査が行われます。

※請求には、予防接種を受ける前後のカルテなど、必要となる書類があります。必要な書類は給付の種類や状況によって変わりますので、下部のお問い合わせ窓口にご相談ください。

 


よくある質問1.
Q 申請の対象となるのは、どんなことですか?
A 接種後比較的早い時期に起こるアナフィラキシー、継続して治療が必要な
  病気や接種が原因と考えられる障害、死亡などが、申請の対象となります。
 

 


よくあるご質問2.
Q 接種後に熱がでて解熱薬を処方されました。
  これはこの救済制度の対象になりますか?申請してもいいですか?
A: 一時的な発熱や局部の痛みや腫れなどの、予防接種で通常起こりうる
  軽い症状については、一般的に該当しないとされています。
  (ただし申請を拒むものではありません。)
 

 

1.申請先

健康被害救済給付の請求は、健康被害を受けた方が予防接種を受けたときに住民票を登録していた市町村に対して行います。ご本人やご家族の方が、窓口にお持ちいただくか、または、郵送により受付しています。
※郵送の場合は、携帯番号などのご連絡先の記載をお願いします(必要に応じて連絡することがあります)。

桜井市の提出先  けんこう増進課新型コロナワクチン接種推進チーム(〒633-0062 桜井市大字粟殿1000番地の1 TEL:0744-42-9111)にお持ちいただくか郵送してください。

 

2.給付の種類と給付額

【注意事項】

・事例により、表の給付額と異なる場合があります。

・下記の金額は、令和3年4月現在の金額です。

種類

内容

給付額

医療費

予防接種を受けたことによる疾病について受けた医療費。

健康保険等による給付の額を除いた自己負担分に限る(保険適用外のものは対象外)

医療手当

予防接種を受けたことによる疾病について、入院通院に必要な諸経費

(保険や助成金により医療費の請求額がない場合でも医療を受診していれば請求することができます。)

通院3日未満(月額)35,000円

通院3日以上(月額)37,000円

入院8日未満(月額)35,000円

入院8日以上(月額)37,000円

同一月入通院(月額)37,000円

障害児養育年金

予防接種を受けたことにより一定の障害の状態にある18歳未満の者を養育する者に支給

1級 (年額)1,581,600円
2級 (年額)1,266,000円

(条件により介護加算あり)

障害年金

予防接種を受けたことにより一定の障害の状態にある18歳以上の者に支給

1級 (年額)5,056,800円
2級 (年額)4,045,200円
3級 (年額)3,034,800円

(条件により介護加算あり)

介護加算

施設入所または入院していない場合に、障害児養育年金または障害年金に加算

1級 (年額) 844,300円

2級 (年額) 562,900円

死亡一時金

予防接種を受けたことにより死亡した者の配偶者又は同一生計の遺族に支給

44,200,000円

(障害年金の受給期間により額の調整あり)

葬祭料

予防接種を受けたことにより死亡した者の葬祭を行う者に支給

212,000円


 

3.請求の必要書類

医療費・医療手当 及び 死亡一時金・葬祭料の必要書類について説明しています。障害児養育年金等については、下部お問い合わせ窓口にお問い合わせください。

【注意事項】
・後日、追加書類の提出をお願いする場合があります。
・提出書類の中には、発行に費用が生じるものもありますが、申請者(請求者)の負担です。
・国の認定結果を通知するまで、数か月から1年以上の期間を要します。

■医療費・医療手当請求の必要書類

 

必要な書類

説明等

1

医療費医療手当請求書(別紙1 (PDF:71KB))

請求される方が記入してください。【記入方法 (PDF:392.8KB)
1.欄、18.欄:記入不要です。

13.欄:医療機関が2カ所以上あるときは、それら全てを記入してください。

14.欄:、同日に複数の医療機関にかかった場合は1日で計上すること。また、同日に通院・入院がある場合は入院のみ1日とすること。薬局での薬剤購入は日数に計上しない。

2

受診証明書
(別紙2-(2) (PDF:44.9KB))

受診された医療機関・薬局に作成を依頼してください。【記入方法 (PDF:952.3KB)

5.欄:この請求に係る疾病以外の疾病の診療日は含めない。

6.欄:、差額ベッド、薬の容器、文書代等の保険適用外のものは対象外。ただし、食事療養費標準負担額は給付の対象。

3

領収書等

医療に要した費用の額及び日数を証する領収書等

4

接種済証等の写し

受けた予防接種の種類及びその年月日を証する接種済証(接種券など)の写し

5

診療録(カルテのコピー)(※)

受診された医療機関に作成を依頼してください。

疾病の発病年月日及びその症状を証する医師の作成した診療録(サマリー、検査結果報告、写真等を含む)

 

市町村が「予診票」、「副反応疑い報告書(提出があった場合のみ)」、「被接種者経過概要」、「調査委員会報告書及び議事録(必要な場合)」を準備します。

(※)新型コロナワクチン接種後4時間以内に発症したアナフィラキシー等の即時型アレルギー反応であると医師が判断し、接種日を含め7日以内に治癒・終診した場合は、診療録等を医師が記載した様式5-1-1 (PDF:250KB)に替えることができます。

 

■死亡一時金・葬祭料請求の必要書類

 

必要な書類

説明等

1

死亡一時金請求書
(別紙6 (PDF:66.7KB)

請求される方が記入してください。

 

請求できる方の順位は、死亡した方の配偶者(事実上婚姻関係と同様の事情にあった方を含む)、子、父母、孫、祖父母及び兄弟姉妹の順となります。ただし、配偶者以外の方については、死亡した者の死亡の当時その者と生計を同じくしていた方に限ります。

同順位の遺族が二人以上いる場合は、その人数で除して得た額となります。

1.欄・㉑欄:記入不要です。

2

葬祭料請求書
(別紙7 (PDF:61.4KB)

請求される方が記入してください。

1.欄・19.欄:記入不要です。

3

死亡診断書、死体検案書等の写し

4

埋火葬許可証等の写し

請求者が死亡した者について葬祭を行う者であることを明らかにすることができる埋葬許可証、火葬許可証又は葬儀案内状等の写し

5

接種済証等の写し

受けた予防接種の種類及びその年月日を証する接種済証(接種券など)の写し

6

診療録(カルテのコピー)等

受診した医療機関に請求してください。

予防接種を受けたことにより死亡したことを証明することができる医師の作成した診療録(サマリー、検査結果報告、写真等を含む)

7

住民票の写し

(死亡一時金の場合)

請求者が配偶者以外の場合は、死亡した者の死亡の当時その者と生計を同じくしていたことを明らかにすることができる住民票等の書類(◆)

8

戸籍謄(抄)本、保険証等の写し

請求者と死亡した者との身分関係を明らかにすることができる戸籍の謄本又は抄本等

 

市町村が「予診票」、「副反応疑い報告書(提出があった場合のみ)」、「被接種者経過概要」、「調査委員会報告書及び議事録」を準備します。

 

(◆)

(1)死亡者と請求者が同一世帯の場合

請求者世帯の世帯住民票と健康被害者の除票

(2)死亡者と請求者が同一世帯でない場合

1. 請求者世帯の世帯住民票と健康被害者の除票

2. 生計を同一にしていたことを証明する民生委員等の第三者による証明書

ただし、以下のものを提出した場合には2.を省略できる。

・死亡者と請求者が健康保険等の扶養の関係であったことが分かる書類(健康保険証等の写し 等)

・死亡者か請求者が所得税法上の控除対象扶養親族であったことが分かる書類(源泉徴収票、課税台帳等の写し 等)

・生活費の一部負担していたことを裏付けることができる書類(生活費、学費、療養費の送金を証明する預金通帳、振込明細書、現金書留封筒等の写し 等)

 

4.申請から認定・支給までの流れ

 

1.請求される方は、給付の種類に応じて、必要な書類を揃えて申請します。

2.市町村で請求書を受理した後、予防接種健康被害調査委員会において医学的な見地から当該事例について調査します。その後、因果関係が確認されたものは、県を通じて厚生労働省へ進達をします。

3.4.厚生労働省は、疾病・障害認定審査会※2に諮問し、答申を受けます。

5.厚生労働省は県を通じて本市に、認定または否認に関する通知をします。

6.その後、給付が認められた事例に対して給付※3が行われます。

 

※1 上記フロー図は厚生労働省のホームページの掲載資料から引用

※2予防接種・感染症・医療・法律の専門家により構成される厚生労働省の審査会

※3 厚生労働省が申請を受理してから、疾病・障害認定審査会における審議結果を県知事に通知するまで、4か月~1年程度の期間を要します。

 

5.参考

予防接種健康被害救済制度について(厚生労働省ホームページ)

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_kenkouhigaikyuusai.html

 

○予防接種法 (昭和23年法律第68号)の関係条文

第6条

 都道府県知事は、A類疾病及びB類疾病のうち厚生労働大臣が定めるもののまん延予防上緊急の必要があると認めるときは、その対象者及びその期日又は期間を指定して、臨時に予防接種を行い、又は市町村長に行うよう指示することができる。

 

第15条

 市町村長は、当該市町村の区域内に居住する間に定期の予防接種又は臨時の予防接種を受けた者が、疾病にかかり、障害の状態となり、又は死亡した場合において、当該疾病、障害又は死亡が当該予防接種を受けたことによるものであると厚生労働大臣が認定したときは、次条及び第13条に定めるところにより、給付を行う。

2 厚生労働大臣は、前項の認定を行うに当たっては、審議会等(国家行政組織法(昭和23年法律第120号)第8条に規定する機関をいう。)で政令で定めるものの意見を聴かなければならない。

 

○予防接種法施行令 (昭和23年政令第197号)

 第9条 法第15条第2項の審議会等で政令で定めるものは、疾病・障害認定審査会とする。

 

○新型コロナウイルス感染症に係る予防接種の実施に関する手引き

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_notifications.html

 

6.お問い合わせ窓口

桜井市けんこう増進課新型コロナワクチン接種推進チーム

〒633-0062 桜井市大字粟殿1000番地の1

TEL:0744-42-9111

 

【10/16まで募集中】自衛隊大規模接種センター(大阪センター)の接種予約について

● 16歳以上の人が接種の対象となりました。

● 大阪センターでは、現在、予約受付中で、10月16日(土)23時59分まで予約
  可能
です。予約枠も十分に確保されていますので、接種を希望する人は、
  接種をご検討ください。 
  詳しくは、「自衛隊 大阪大規模接種センター(大阪センター)の予約・受付案内
  をご覧ください。なお、2回目のみの予約はできませんのでご注意ください。

● 1回目の接種で、武田/モデルナ社製ワクチンを接種され、4週間後の2回目
  を接種する場所(機会)がなく、お困りの人がいらっしゃいましたら、市新型
  コロナワクチン接種推進チーム
(電話 0744-45-3443)までお問い合わせ
  
ください。(県内他市の接種会場をご案内できます。)

● 接種予約については、以下の外部サイトからお申し込みください。
  なお、予約に必要な桜井市の自治体番号は、292061(6桁)です。

・【自衛隊 大阪大規模接種センター(大阪会場)

・【武田 モデルナ 社ワクチン用(2021 年 8 月)】新型コロナワクチン予防接種についての説明書
 

【重要】桜井市の集団接種の予約について

桜井市における、新型コロナワクチン集団接種は、10月末の終了を予定しており、2回目接種のみの予約受付をしています

10月16日(土)・17日(日)・23日(土)・24日(日)・30日(土)・31日(日)の計6日間は、接種2回目の人が予約可能です。接種を希望する人で、接種がお済でない人は、ぜひご予約ください。
また、他の接種会場で接種された人で、2回目のみの接種も予約を受付しています。(ただし、1回目にファイザー社製ワクチンを接種された人に限ります。)

予約の方法について

予約
方法
インターネットによる予約 電話による予約
予約先

インターネット予約の手順については、
インターネット予約マニュアル (PDF:2.2MB)
をご覧ください。

URL https://jump.mrso.jp/292061/

マーソ_ワクチン接種WEB予約桜井市ワクチン接種WEB予約

桜井市LINE公式アカウント桜井市LINE公式アカウント

新型コロナワクチン
コールセンター

電話番号
0570-056-225

 受付
 時間
24時間対応
予約は、接種日の2日前の24時まで可能です。
(例)10月31日が接種日の場合 → 10月29日24時まで

9時から17時まで
(土日、祝日可)

医療機関での接種予約と重複するときは、必ずキャンセルをお願いします

桜井市の年代別ワクチン接種率 (令和3年9月13日現在)

 

奈良県広域ワクチン接種会場の接種追加枠の募集について

奈良県広域ワクチン接種会場の接種追加枠の募集を開始されました。(9月29日正午より)
なお、追加枠は2回に分けて募集されます。

●追加枠数 計1万回分(5,000人分)

  内訳:【奈良会場】 7千回分(3,500人分)

         【中和会場】 3千回分(1,500人分)

●追加枠の対象者

 県内市町村に住民登録されており、県内市町村が発行する接種券を
 持っている12歳以上の人。ただし、ワクチン接種が未接種の人に限ります。
 また、12歳~15歳で接種される人は、保護者の同伴が必要となります。
 (予診票に保護者の署名が必要となり、署名がないと接種できません。)

●追加枠の使用ワクチン ・・・ ファイザー社製のワクチン

●追加枠の予約受付開始日
    【第1期】 9月29日 正午より       【第2期】 10月2日 正午より

●追加枠の接種日時
    【第1期】
     ○奈良会場:1回目接種 10月5日~10月7日
             2回目接種   10月27日~10月28日
   ○中和会場:1回目接種 10月3日~10月4日
           2回目接種   10月24日~10月25日
     【第2期】
     ○奈良会場:1回目接種 10月8日~10月10日
            2回目接種 10月29日~10月30日

●追加枠の接種場所
     【奈良会場】 1回目接種及び2回目接種 
         奈良県文化会館
     〒630-8213 奈良市登大路町6-2
     アクセス(URL:http://www.pref.nara.jp/dd.aspx?menuid=22520)

     【中和会場】 1回目接種:
         奈良県産業会館
     〒635-0015 大和高田市幸町2番33号
     アクセス(URL:http://www.pref.nara.jp/dd.aspx?menuid=21387

                      2回目接種:
         奈良県橿原文化会館
     〒634-0005 橿原市北八木町3丁目65-5
     アクセス(URL:https://kashibun.jp/access/外部サイトへのリンク)

    ※中和会場は、1回目接種と2回目接種の会場が異なるため、ご注意ください。

●追加枠の予約方法
接種予約サイトとコールセンターのどちらかで予約が可能です。

接種予約サイト コールセンター
https://info.vc-nara.liny.jp/info/nara
受付時間 24時間
0742-90-0050
受付時間 9時~17時

なお、詳しくは「奈良県 広域ワクチン接種 特設ページ」をご覧ください。

 

 

 

市内医療機関における「個別接種」


個別接種が可能な市内の医療機関は、以下のとおりです。

市内医療機関における個別接種は、今後、一般診療やインフルエンザ予防接種のため、医療機関数が減少したり、接種の規模が縮小されます。
個別接種を希望する人は、お早めに接種の予約をお取りください。

下記の医療機関で接種を希望する人は、必ずご予約をお願いします。

個別接種ができる医療機関(令和3年10月1日現在)

医療機関名

電話番号

予約方法 備考(対象)

赤崎クリニック
谷111番地

43-2468 電話 かかりつけ
あさくらクリニック
黒崎646番地の1
46-1114 電話 18歳以上(高校生不可)初診の方は、受診後予約
いいおか医院
芝366番地
42-6144 来院・電話  
岡本内科こどもクリニック
戒重206番地
070-1305-5074
(コロナワクチン予約専用)
電話
インターネット
かかりつけ(家族を含む)を優先することがある
奥山医院
三輪384番地
42-6036 来院・電話 かかりつけ(家族も含む)
高校生以上
菊川内科医院
桜井869番地の1
46-2112 来院  
木下医院
阿部550番地
42-4053

来院

インターネット

木下医院予約QRコード

受診歴のある人
きむら内科医院
桜井52番地の4
42-2525 来院 かかりつけ
(家族も含む)
青葉会小阪医院
桜井547番地
44-2580 来院・電話 かかりつけ
(家族も含む)
小西橋医院
谷240番地の1
42-2290 来院・電話 かかりつけ
大福診療所
大福240番地の1
42-3059 電話
(平日14時から16時)
かかりつけ優先
内藤内科医院
川合268番地
42-0211 電話 かかりつけ
(家族も含む)
内藤医院(婦人科)
桜井996番地
42-2138 来院・電話  
西村医院
芝786番地の2
42-6174 来院・電話 かかりつけ
(家族も含む)
のぐちクリニック
上之庄711番地の1
47-2355
FAX 47-2366
来院・電話 ろうあ者のみ
FAX予約可
 
のぞみ診療所
忍阪39番地の1
43-3338 来院  
羽田医院
西之宮228番地の35
43-2120 来院  
山の辺病院
草川60番地
45-1199

電話
(月曜から土曜の
  15時から17時)

かかりつけ優先
吉江医院
東新堂83番地の1
46-3340 電話 かかりつけ
米田医院
桜井526番地の3
46-0313 来院・電話 かかりつけ
(家族も含む)

上記、医療機関で取り扱うワクチンの種類は、すべてファイザー社製ワクチンです。
 

妊娠中・授乳中・妊娠を計画中の人のワクチン接種


妊娠中、授乳中、妊娠を計画中の方も、ワクチンを接種することができます。
接種にあたっては、予防接種についてよく知った上で、主治医と相談して判断してください。
詳しくは、厚生労働省ホームページ「新型コロナワクチンQ&A」をご覧ください。

妊婦が接種できる医療機関(令和3年8月31日現在)

医療機関名                         電話

予約について

 赤崎クリニック
   谷111番地          43-2468

電話予約(かかりつけのみ)

岡本内科こどもクリニック
  戒重206番地      070-1305-5074(予約専用)http://www.okamotonaikakodomo.com/pediatrics.html

予約専用電話

 桜井病院
   桜井973番地         43-3541

電話予約(かかりつけのみ)

<参考関連サイト>
日本産婦人科感染症学会ホームページ
・厚生労働省ホームページ「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策~妊婦の方々へ~

小児(12歳から15歳)への新型コロナワクチン接種


12歳以上の人は、新型コロナワクチンを受けることができます。
ただし、12歳から15歳の人が接種を希望する場合は、保護者の同意(予診票に保護者の署名)が必要です。また、原則として、保護者の同伴も必要です。
【厚生労働省】新型コロナワクチン接種のお知らせ(12歳以上のお子様と保護者の方へ)を読んで、ワクチン接種を受けるか相談しましょう。

小児(12歳から15歳)が接種できる医療機関(令和3年8月25日現在)

  医療機関                電話 予約について

いいおか医院
 芝366番地            42-6144

https://www.iiokaiin.jp/

医院のホームページのお知らせをご覧ください

岡本内科こどもクリニック
 戒重206番地      070-1305-5074 (予約専用)

http://www.okamotonaikakodomo.com/pediatrics.html

9月1日(水)から小児の予約開始
来院・電話(かかりつけのみ)
菊川内科医院            
 桜井869番地の1          46-2112
初診の方は、来院にて予約してください

木下医院
 阿部550番地            42-4053

https://kinoshita.sakuraitiku.org/

医院のホームページをご覧ください。
小西橋医院
 谷240番地の1            42-2290
診療時間内に電話 又は 来院にて予約可能です
大福診療所
 大福240番地の1          42-3059
平日(月~金) 14:00~16:00電話のみ受付
内藤内科医院
 川合268番地             42-0211
診療時間内に電話にて予約可能です

のぞみ診療所
 忍阪39番地の1                        43-3338

https://www.nozomisinryou.com/

医院のホームページのお知らせをご覧ください
(随時更新)
羽田医院
 西之宮228番地の35          43-2120
接種券と保険証持参のうえ、直接来院予約

・上記、すべての医療機関では、「ファイザー社製」ワクチンを接種しています。
〈ファイザー社〉新型コロナワクチン予防接種についての説明書もあわせてお読みください。

〈公益社団法人 日本小児科学会〉新型コロナワクチン~
子ども ならびに 子ども に接する成人 への接種に対する考え方~

・【奈良県】12歳以上の若年者への新型コロナワクチン接種Q&A (PDF:209.3KB)

 

新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)


海外渡航時の渡航先での防疫措置などの緩和を目的として、「新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)」を交付します。
海外渡航用の証明書であり、現段階で国内での利用は想定されていませんので、現に海外渡航の予定がある人のみを対象とします。
この証明書を必要とする人は、以下の方法で、交付申請をしてください。
なお、接種済証や接種記録書を紛失した人に再発行している証明書とは性質が異なります。申請前にご確認をお願いします。

対象者

以下の3つに該当する人
 1. 海外渡航の予定があり、証明書があることで渡航先での防疫措置等の緩和を受けられる人(申請書に「渡航予定国(地域)名」及び「渡航予定日」の記載あり)
 2. 有効期限内のパスポートを持参できる人
 3. 桜井市の接種券でワクチン接種を受けた人

申請方法

市保健福祉センター「陽だまり」の窓口、又は郵送で申請を受け付けています。
郵送での手続きは、1週間から10日程度かかりますのであらかじめご了承ください。

  (1) 窓口での手続き (2) 郵送での手続き
窓口及び宛先 市保健福祉センター 陽だまり 3階
新型コロナワクチン接種推進チーム

〒633-0062 桜井市粟殿1000-1市保健福祉センター 陽だまり
ワクチンパスポート担当 宛

必要書類

本人による申請の場合】
1. 交付申請書 【交付申請書様式】 (PDF:126.8KB) 

2. 有効期限内の旅券(パスポート)の写し(旅券番号が掲載されているページ)
旧姓、別姓、別名(英字)の記載がある場合は、それらが確認できる書類の写し(運転免許証等)

3. 接種済証(医療従事者等の人は接種記録書の写し

4. 本人確認書類の写し
 




代理人(同居の親族を含む)による申請の場合】
上記の「1」~「4」に加えて
5. 委任状 【委任状様式】 (PDF:273.4KB)

6. 代理人の本人確認書類

本人による申請の場合】
1. 交付申請書 【交付申請書様式】 (PDF:126.8KB)

2. 有効期限内の旅券(パスポート)の写し(旅券番号が掲載されているページ)
旧姓、別姓、別名(英字)の記載がある場合は、それらが確認できる書類の写し(運転免許証等)

3. 接種済証(医療従事者等の人は接種記録書の写し

4. 本人確認書類の写し(住所の載ったもの)

5. 返信用封筒(宛名を記載し、切手を貼付したもの)

代理人(同居の親族を含む)による申請の場合】
上記の「1」~「5」に加えて
6. 委任状 【委任状様式】 (PDF:273.4KB)

7. 代理人の本人確認書類

手数料

無料

国における接種証明書の取扱い等

海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書について(厚生労働省)

海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書が使用可能な国・地域一覧(外務省)

 

接種総合案内サイト「コロナワクチンナビ」

新型コロナウイルスワクチン接種の総合案内「コロナワクチンナビ」(厚生労働省)

コロナワクチンナビは、新型コロナワクチンの接種会場を探したり、どうやって接種を受けるかなどの情報を見ることができます。
また、住所地居住地と異なる市町村に居住している人が、お住いの市町村で接種を希望される場合、「住所地外接種届」が必要です。こちらのページから作成してください。

 


【9月7日(火) 正午から】 12歳から15歳の市民の集団接種予約を始めます

12歳から15歳(平成18年4月2日生まれから平成21年9月生まれ)の市民の皆さんにも予約枠を開放し、集団接種予約を始めます。(12歳の人で9月生まれの人は、誕生日の前日以降、接種が可能です。)
予約枠は、十分に確保しておりますので、安心してご予約ください。

1.集団接種の予約対象者と接種予約の開始時期について

       年  齢   予約開始日時     接種日

12歳から15歳の人

9月7日(火) 正午から 9月12日(日)以降の
土曜日又は日曜日

9月7日(火)正午からは、お子様のみのご予約が可能となりますが、接種会場へは、保護者の同伴並びに予診票への保護者の署名が必要です。詳しくは、「こちら」をご覧ください。

・12歳から15歳の人で、市内医療機関による個別接種を希望する場合は、「こちら」をご覧ください。

16から64歳、基礎疾患を有する人(事前申請有) 、65歳以上の高齢者(未接種の人)及び妊婦並びに同居配偶者(パートナー)は、引き続きご予約いただけます。(妊婦並びに同居配偶者(パートナー)の予約は、電話のみ)
 

2.予約の方法について

予約
方法
インターネットによる予約 電話による予約
予約先

インターネット予約の手順については、
インターネット予約マニュアル (PDF:2.2MB)
をご覧ください。

URL https://jump.mrso.jp/292061/

マーソ_ワクチン接種WEB予約桜井市ワクチン接種WEB予約

桜井市LINE公式アカウント桜井市LINE公式アカウント

新型コロナワクチン
コールセンター

電話番号
0570-056-225

 受付
 時間
24時間対応
予約は、接種日の2日前の24時まで可能です。
(例)9月12日が接種日の場合 → 9月10日24時まで

9時から17時まで
(土日、祝日可)

1回目と2回目の両方の接種予約をお取りください
医療機関での接種予約と重複するときは、必ずキャンセルをお願いします

3.その他

ワクチン接種による副反応(発熱等)で通学が困難な場合は、お子様が通学する小学校または中学校に電話等でご相談ください。

 

12歳から15歳の小児と保護者の同時接種について

現在、16歳以上の人を対象に接種予約を受け付けています。
予約の際、保護者の同伴が必要な12歳から15歳のお子様と一緒に接種予約をお取りいただくことができます
お子様と同時に接種を希望する保護者の人は、以下の方法でご予約をお取りください。
なお、9月7日(火)正午からは、お子様のみのご予約も可能ですが、接種会場へは、保護者の同伴並びに予診票への保護者の署名が必要です。

1.電話(0570-056-225)予約の場合

コールセンターのオペレーターに、お子様の(1)名前 (2)生年月日 (3)接種券番号(10桁)をお伝えください

2.インターネット予約の場合

保護者の人の接種予約日時の入力の後、以下の「質問項目」がありますので、回答欄に、お子様の(1)名前 (2)生年月日 (3)接種券番号(10桁)を記載ください

                                           ↑ インターネット予約ページ内イメージ

 

【9月3日(金) 午前9時から】 16歳から29歳の市民の集団接種予約を始めます

9月2日(木)17時現在、
9月5日(日)以降の予約枠に空きがありますので、16歳から29歳(平成4年4月2日生まれ~平成17年9月30日生まれ)の市民の皆さんにも予約枠を開放し、集団接種予約を始めます。(16歳の人で9月生まれの人は、誕生日の前日以降、接種が可能です。)
予約枠は、十分に確保しておりますので、安心してご予約ください。
なお、接種対象者には、近日中に「案内はがき」もお送りします

1.集団接種の予約対象者と接種予約の開始時期について

       年  齢   予約開始日時     接種日

16歳から29歳の人

9月3日(金) 午前9時から 9月5日(日)以降の
土曜日又は日曜日

30歳から64歳、基礎疾患を有する人(事前申請有) 、65歳以上の高齢者(未接種の人)及び妊婦並びに同居配偶者(パートナー)は、引き続きご予約いただけます。(妊婦並びに同居配偶者(パートナー)の予約は、電話のみ)

12から15歳のには、後日、予約開始の時期を、別途、お知らせします。

2.予約の方法について

予約
方法
インターネットによる予約 電話による予約
予約先

インターネット予約の手順については、
インターネット予約マニュアル (PDF:2.2MB)
をご覧ください。

URL https://jump.mrso.jp/292061/

マーソ_ワクチン接種WEB予約桜井市ワクチン接種WEB予約

桜井市LINE公式アカウント桜井市LINE公式アカウント

新型コロナワクチン
コールセンター

電話番号
0570-056-225

 受付
 時間
24時間対応
予約は、接種日の2日前の24時まで可能です。
(例)9月5日が接種日の場合 → 9月3日24時まで

9時から17時まで
(土日、祝日可)

1回目と2回目の両方の接種予約をお取りください
医療機関での接種予約と重複するときは、必ずキャンセルをお願いします

 

【9月2日(木)午前9時から】 妊婦および同居配偶者(パートナー)の 集団接種予約を始めます

妊娠中の人が新型コロナウイルスに感染すると、特に妊娠後期は重症化しやすく、早産のリスクも高まるとされていますので、集団接種においても、妊婦および同居配偶者(パートナー)の接種を優先的に実施します。

接種にあたっては、予防接種についてよく理解し、必ず事前にかかりつけ医と相談して、接種の可否・接種後の注意点などを聞いた上で接種するかどうか判断してください。

1.集団接種の予約対象者と接種予約の開始時期について

       対   象   予約開始日時     接種日

妊婦および同居配偶者(パートナー)

9月2日(木)午前9時から

9月4日(土)以降の
土曜日又は日曜日

2.予約方法について

新型コロナワクチン接種コールセンター (0570-056-225 9時から17時まで 土日・祝日可) から予約できます。「接種券」を手元に準備してからお電話ください。
※ 現在、インターネット予約には対応しておりません。お電話での予約をお願いします。

(注意) 出産のために里帰りされている妊婦の人も対象となりますが、桜井市民でない場合は、事前にワクチンナビでの住所地外接種の届出が必要です。

 

【9月2日(木)午前9時から】 50歳から59歳の人 集団接種予約が始まります

国からワクチンの供給見通しが示されましたので、一旦停止していたワクチン接種予約の受付を再開します。

1.集団接種の予約対象者と接種予約の開始時期について

       年  齢   予約開始日時     接種日

50歳から59歳の人

9月2日(木)9時から 9月4日(土)以降の
土曜日又は日曜日

60歳から64歳、基礎疾患を有する人(事前申請有) 及び 65歳以上の高齢者(未接種の人)は、引き続きご予約いただけます。

49歳以下の人には、後日、予約開始の時期を、別途「案内はがき」でお知らせします。
 

2.予約の方法について

予約
方法
インターネットによる予約 電話による予約
予約先

インターネット予約の手順については、
インターネット予約マニュアル (PDF:2.2MB)
をご覧ください。

URL https://jump.mrso.jp/292061/

マーソ_ワクチン接種WEB予約桜井市ワクチン接種WEB予約

桜井市LINE公式アカウント桜井市LINE公式アカウント

新型コロナワクチン
コールセンター

電話番号
0570-056-225

 受付
 時間
24時間対応
9月1日(水)17時 から 9月2日(木)9時まで、
メンテナンスのためシステムを一時中断します。
予約は、接種日の2日前の24時まで可能です。
(例)9月4日が接種日の場合 → 9月2日24時まで

9時から17時まで
(土日、祝日可)

1回目と2回目の両方の接種予約をお取りください
医療機関での接種予約と重複するときは、必ずキャンセルをお願いします

 

ソフトバンク桜井(ワイモバイル取扱店)におけるワクチン接種のWEB予約支援

ソフトバンク桜井において、新型コロナワクチン接種の集団接種のWEB予約の支援をしていただけます。

支援の内容は、WEB予約の際の「入力のお手伝い」となります。

WEB予約の支援を希望する場合は、来店前に、ソフトバンク桜井まで、インターネット又はお電話で来店のご予約をお願いします。また、当日は、接種券を持参し来店ください。

当店では、スマホアドバイザーが在籍しておりますので、ソフトバンク以外のドコモ、auをご利用の方も安心してご利用ください。

なお、スマートフォンなどの貸し出しはしておりません。また、ソフトバンク桜井の店内が混雑している場合は、支援が行えない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

・ソフトバンク桜井の基本情報
 住所 奈良県桜井市東新堂515-1 フレスポ桜井
 電話 0744-44-5100
 営業時間 午前10時から午後7時
 定休日 第2水曜日
 ソフトバンク桜井(ワイモバイル取扱店)
https://www.softbank.jp/shop/search/detail/K400/(外部サイト) WEB 21-0805-6481

 

ドコモショップ桜井店におけるワクチン接種のWEB予約支援

ドコモショップ桜井において、新型コロナワクチン接種の集団接種のWEB予約の支援をしていただけます。

支援の内容は、WEB予約の際の「入力のお手伝い」となります。
なお、ドコモショップ桜井店と契約されていない方でもご利用いただけます。
まずは、下記の連絡先にお電話していただき、ドコモショップ桜井店へ。

・ドコモショップ桜井店の基本情報
  住所 奈良県桜井市川合274-1
  電話 0120-458-868 または 0744-46-4168
  営業時間 午前10時から午後7時 
  定休日 第2水曜
  ドコモショップ桜井店  https://www.nttdocomo.co.jp/support/shop/search/shop.html?id=0601600395300(外部サイト)

 

50歳から64歳の人 及び 基礎疾患を有し事前申請した人に「集団接種」再開をお知らせする「案内はがき」 をお送りしました(8月23日発送)

国からのワクチンが徐々に供給されてきましたので、9月から集団接種を再開します。
つきましては、対象となる市民に、8月23日(月)、集団接種の予約等に関する案内はがきをお送りしました。今週中に、案内はがきが、お手元に届く予定です。

○ 9月4日(土)から、毎週土曜日と日曜日に集団接種を再開します。
   今後は、64歳以下の市民から、順次、若い世代に接種を進めます。

○ 案内はがきと行き違いで接種された場合は、ご容赦ください。

○ 65歳以上の高齢者で、接種がお済みでない場合も予約を受け付けます。

○ 市内の医療機関での個別接種は、これまでどおり実施します。

 

1.集団接種の予約と接種の開始時期について

       年  齢   予約開始日時 接種開始日(予定)
60歳から64歳
基礎疾患を有する人(事前申請有)
8月30日(月)9時から 9月4日(土)
50歳から59歳 9月2日(木)9時から 9月25日(土)
49歳以下 準備中 準備中

・50歳から59歳の人の接種開始日は、予約の状況により変更になる場合があります。
・49歳以下の人には、後日、予約開始の時期を、別途「案内はがき」でお知らせします。


2.予約の方法

予約方法 インターネットによる予約 電話による予約
予約先

URL https://jump.mrso.jp/292061/

 

マーソ_ワクチン接種WEB予約桜井市ワクチン接種WEB予約

桜井市LINE公式アカウント桜井市LINE公式アカウント

コールセンター

電話 0570-056-225

受付時間 24時間対応

9時から17時まで

(土日、祝日可)

・ただし、9月1日(水)17時 から 9月2日(木)9時まで、システムを一時中断します。この時間帯は、インターネットによる予約ができませんので、あらかじめご了承ください。

 

奈良県の広域ワクチン接種について (8月20日 一旦予約満了)

奈良県の広域ワクチン接種については、8月20日(金)で予約受付を一旦満了したとのお知らせがありました。

詳しくは、「http://www.pref.nara.jp/item/253369.htm#itemid253369」をご覧ください。

 

なお、予約方法などの詳細については、こちらの「奈良県広域ワクチン接種特設ページ」http://www.pref.nara.jp/59054.htmからご確認ください。

 

 

自衛隊大規模接種センターの予約について

8月29日(日)からは、2回目の接種期間となるため、1回目の接種期間は8月28日(土)までとなります。(1回目の接種は、一旦予約満了となっています)

・2回目の接種予約については、以下の外部サイトからお申し込みください。なお、予約に必要な桜井市の自治体番号は、292061(6桁)です。
【自衛隊 大阪大規模接種センター(大阪会場)】https://info.vc-osaka.liny.jp/info/top

・【武田 モデルナ 社ワクチン用(2021 年 8 月)】新型コロナワクチン予防接種についての説明書https://www.mhlw.go.jp/content/000782621.pdf

 

12歳から16歳の市民の皆さんに「接種券」 をお送りしました!(7月27日(火)発送)

令和3年7月26日現在、桜井市に住民票があり、平成21年8月31日以前にお生まれの人から今年度中に16歳になる人に、新型コロナワクチン接種に必要な「接種券」をお送りしました。
しかし、現在、国から接種に必要なワクチンの供給量が不透明なため、予定していた集団接種の予約開始時期を延期しています。
詳しくは、#集団接種の予約開始時期の変更(延期)についてをご覧ください。

市から個別にお送りした封筒には、以下のものを同封しています。

・接種券(2回の接種に必要な接種券です。シールは、はがさないでください。) 

・新型コロナワクチン接種のお知らせ(A4サイズ 両面カラー 2枚)

・新型コロナワクチン接種の予診票(1回目分)

・<12~15歳のお子様の保護者の方へ>新型コロナワクチン予防接種についての説明書
 

・なお、平成21年9月1日以降にお生まれの人には、誕生月の前月の下旬に「接種券」をお送りします。
・ワクチン接種の当日、12歳の誕生日を迎えていることが接種の条件となります。


12歳から15歳のお子様の保護者の方へ

・接種させる場合には、予診票の署名欄に、保護者の氏名を署名してください。
 予診票に保護者の署名がなければ、予防接種は受けられません。
・その他の詳細については、「<12~15歳のお子様の保護者の方へ>新型コロナワクチン予防接種について」(厚生労働省)をご覧ください。

 

16歳から39歳の市民の皆さんに「接種券」 をお送りしました!(7月26日(月)発送)

令和3年7月23日現在、桜井市に住民票があり、今年度中に16歳から39歳になる人に、新型コロナワクチン接種に必要な「接種券」をお送りしました。
しかし、現在、国から接種に必要なワクチンの供給量が不透明なため、予定していた集団接種の予約開始時期を延期しています。
詳しくは、#集団接種の予約開始時期の変更(延期)についてをご覧ください。

市から個別にお送りした封筒には、以下のものを同封しています。

・接種券(2回の接種に必要な接種券です。シールは、はがさないでください。) 

・新型コロナワクチン接種のお知らせ(A4サイズ 両面カラー 2枚)

・新型コロナワクチン接種の予診票(1回目分)

 

40歳から59歳の市民の皆さんに「接種券」 をお送りしました!(7月16日(金)発送)

令和3年7月15日現在、桜井市に住民票があり、今年度中に40歳から59歳になる人に、新型コロナワクチン接種に必要な「接種券」をお送りしました。
しかし、現在、国から接種に必要なワクチンの供給量が不透明なため、予定していた集団接種の予約開始時期を延期しています。
詳しくは、#集団接種の予約開始時期の変更(延期)についてをご覧ください。

市から個別にお送りした封筒には、以下のものを同封しています。

・接種券(2回の接種に必要な接種券です。シールは、はがさないでください。) 

・新型コロナワクチン接種のお知らせ(A4サイズ 両面カラー 2枚)

・新型コロナワクチン接種の予診票(1回目分)

引き続き、12歳から39歳の市民の皆さんには、7月26日(月)ごろ、接種券の発送を予定しています。
 

基礎疾患を有する人の「電子申請」等による接種券取得のための事前申請を終了します。(7月15日(木)17時)

桜井市に住民票があり、昭和37年4月2日以降にお生まれになった人で、基礎疾患を有する人が接種券を必要とする場合の「電子申請」等による事前申請を終了します。
(40歳から59歳の市民へは、7月19日(月)ごろ、12歳から39歳への市民へは、7月26日(月)ごろ接種券をお送りする予定であるため)
なお、市保健福祉センター(陽だまり)への来庁による申請は、引き続きお受けし、即日、受診券をお渡しします。
 

60歳から64歳の市民の皆さん 及び
基礎疾患を有し事前申請した人に「接種券」 をお送りしました!

令和3年7月6日現在、桜井市に住民票があり、昭和37年4月1日以前にお生まれの人と、基礎疾患を有しており、7月2日までに事前申請した人に、新型コロナワクチン接種に必要な「接種券」をお送りしました。なお、7月3日以降に事前申請した人には、発送の準備ができ次第、接種券をお送りします。

市から個別にお送りした封筒には、以下のものを同封しています。

・接種券(2回の接種に必要な接種券です。シールは、はがさないでください。) 

・新型コロナワクチン接種のお知らせ(A4サイズ 両面カラー 2枚)

・新型コロナワクチン接種の予診票(1回目分)

 

集団接種の予約開始時期の変更(延期)について

7月以降、国から接種に必要なワクチンの供給量が不透明で、市が実施する集団接種に必要なワクチンを確保することができないため、新たに集団接種予約を取ることができないと判断しました。
つきましては、予定していた集団接種の予約開始時期を延期することとします。今後、接種に必要なワクチンが確保されて参りましたら、予約開始の時期を、別途、ご案内いたします。

本市としましては、7月以降、国から供給されるワクチンは、65歳以上の高齢者の2回目の接種を最優先するとともに、市内医療機関での個別接種を継続できるようワクチンを分配することとします。
 

接種券発送予定と集団接種予約開始時期の変更(延期)(7月7日現在)

年  代

発送時期

(予定)

予約開始時期(予定)
集団接種 個別接種

60歳から64歳 及び
基礎疾患を有する人で
7月2日までに事前申請した人

7月7日(水)

ワクチン量が
不透明なため
予約開始時期は
未  定

医療機関

により

異なります

 40歳から59歳 7月19日(月)
 12歳から39歳 7月26日(月)

 なお、接種券は、予定通り、お送りする予定です。

 

「奈良県桜井市LINE公式アカウント」を開設しました!

桜井市から市民の皆さまへ、新型コロナワクチン接種の情報を「LINE」でお届けします。また、LINE公式アカウントから、集団接種の予約もできます。

当面の間は、新型コロナワクチンに関する情報を中心に発信します。

ぜひ、この機会に、「友だち」追加 してください!

【下記QRコード読み取って「友だち」追加】

桜井市のLINE公式アカウント QRコード

 

64歳以下の市民の皆さんへの接種券の発送について

1. 今後の接種券の発送計画(予定)は?

本市では、接種を希望する65歳以上の高齢者の皆さんへの2回の接種に見通しが立ってきましたので、64歳以下の市民の皆さんへは、7月中に3回に分けて、順次、接種券をお送りする準備を進めています。
 

・64歳以下の市民の皆さんへの接種券発送予定

#接種券発送予定と集団接種予約開始時期の変更(延期)(7月7日現在)をご覧ください。

・なお、「予約開始時期(予定)」は、国からのワクチン供給量により変わる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
 

2. 基礎疾患を有する人で、接種券が必要な場合は?

#基礎疾患を有する人の「電子申請」等による接種券取得のための事前申請を終了しますをご覧ください。
ただし、市保健福祉センター(陽だまり)へ来庁し、直接申請される場合は、引き続き受け付けし、即日、接種券をお渡しします。

以下の申請書を印刷し、必要事項を事前に記入いただきお持ちください。申請書は、市保健福祉センターにもございます。

新型コロナワクチン接種交付申請書 (PDF:121.8KB)
 

3. 下記の理由で、発送時期より接種券が早く欲しい場合は?

大規模接種会場職域による接種するなどの理由で、上表の接種券の発送時期よりも早い時期に接種券が必要な場合は、申請いただくことで個別に接種券をお渡しすることができます。
詳しくは、「#自衛隊大規模接種センター等での接種に必要な接種券の発行についてをご覧ください。


4. 申請が可能な対象者(基礎疾患の範囲)

次の、(1)の1~14 または (2)にあてはまる人

(1)次の病気や状態の人で、通院/入院している人

  1. 慢性の呼吸器の病気
  2. 慢性の心臓病(高血圧を含む)
  3. 慢性の腎臓病
  4. 慢性の肝臓病(肝硬変等)
  5. インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病又は他の病気を併発している糖尿病
  6. 血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く)
  7. 免疫の機能が低下する病気(治療や緩和ケアを受けている悪性腫瘍を含む)
  8. ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
  9. 免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
  10. 神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
  11. 染色体異常
  12. 重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
  13. 睡眠時無呼吸症候群
  14. 重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者福祉手帳を所持、自立支援医療「重度かつ継続」に該当)または知的障害(療育手帳を所持)

(2)基準(BMI30以上)を満たす肥満の人
   基準(BMI30以上)を満たす肥満の人 BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

 

自衛隊大規模接種センター等での接種に必要な接種券の発行について

自衛隊大規模接種センターでの予約の対象者が18歳まで拡大されたことを受け、桜井市でも、自衛隊大規模接種センターでの予約や職域接種の場合に限り、64歳以下の方への接種券を発行いたします。自衛隊大規模接種センターの接種及び予約には、接種券が必要です。

6月30日現在、自衛隊大規模接種センターの予約は満了となっております。キャンセルが出た場合は、その都度予約枠が解放されますので、下記、外部サイトをご確認の上、ご予約ください。

なお、現在、市内医療機関で64歳以下の市民の方への接種は実施しておりません。上記の目的以外に接種券を発行することはできませんので予めご了承ください。

発行を希望される場合は、下記の申請書に必要事項を記入の上、持参または郵送してください。(郵送の場合、お手元に接種券が届くまで数日かかります。)

・持参及び郵送先

 〒633-0062 桜井市粟殿1000-1 桜井市保健福祉センター

  桜井市けんこう増進課 (ワクチン接種担当)あて

  持参の場合は、平日 8時30分から17時15分まで(祝祭日を除く) んにん

接種券発行申請書(新型コロナウイルス感染症)65歳未満用(PDF:499.2KB)

接種券発行申請書(新型コロナウイルス感染症)65歳未満用(WORD:24.1KB)

【防衛省 自衛隊】自衛隊 大阪大規模接種センター(大阪センター)の予約・受付案内(外部サイト)

「集団接種」(平日分)の予約の受付を始めます!(6月7日(月)午前9時から)

65歳以上の市民の皆さんにお送りした「案内ハガキ」(新型コロナワクチン集団接種追加のお知らせ)の内容に従い、集団接種(平日分)の予約の受付を始めます。

集団接種を希望する方は、接種前に予約が必要です。

1.予約の「前」にご準備ください

 ・4月下旬にお送りした接種券 (10ケタの接種券番号が必要です)

 ・お送りした案内ハガキ (接種会場と日時を確認ください)

  上記2点を、お手元に準備してから予約をお願いします。

 

2.予約受付の開始日時

 6月7日(月) 午前9時から予約受付を開始します。

 なお、5月17日から予約受付をしておりました、6月から7月分の土曜日・日曜日の集団接種予約(2回目のみ)は、システムの関係上、一時中断します。

 

3.集団接種の実施日程 及び 予約の方法

1回目の接種日 6月11日(金) 6月15日(火) 6月18日(金) 6月25日(金)
3週間後
2回目の接種日 7月2日(金) 7月6日(火) 7月9日(金) 7月16日(金)

 ・ 接種時間は、上記、8日間すべて、午前9時15分から午後4時までです。

 ・ 予約は、15分単位でお取りください。

 ・ 1回目の接種日と接種時間のみご予約ください。

    1回目の接種日と接種時間をご予約いただくと、自動的に3週間後の

    同じ曜日の同じ時間の予約が確約されます。

    ご自身で、2回目の接種予約は必要ありません。 

 ・ ただし、原則、2回目接種のみの日時の変更はできませんので、

    1回目と2回目の接種日時の都合をご確認の上、ご予約ください。

 ・ 1回目の接種予約をキャンセルすると、2回目の接種予約も同時に

   キャンセルされますのでご注意ください。

【ご予約の例】

例えば、「6月11日(金)午前10時から」 1回目の接種をご予約していただくと、

自動的に、3週間後の「7月2日(金)午前10時から」(1回目と同じ曜日、同じ時間)、2回目の接種予約が確約されます。

 

4.予約の取り方 

 以下の2つの方法で予約できます (6月7日(月) 午前9時から予約をスタート)

予約方法 インターネットによる予約 電話による予約

予約先

URL https://jump.mrso.jp/292061/ 

コールセンター

電話番号 0570-056-225

受付時間  24時間対応

9時から17時

土・日祝日も可

予約確認

予約が完了すると完了メールが届きます

接種日が近づくとお知らせメールも届きます

※届くメールアドレスのドメイン名は「mrso.jp」です

接種日5日前までの予約で

確認通知をお送りします。

5.集団接種を実施する施設

 ・市立図書館 研修室 (河西31番地)

 上記8日間すべて、市立図書館で集団接種を実施します。

 

6.市民の皆さんへの予約に関するお願い

桜井市では、接種を希望する高齢者の皆さんへの2回の接種が、おおむね7月末までに終えることができるよう、ワクチン接種を進めています。

そこで、貴重なワクチンを無駄にしないため、ワクチン接種の予約は、重複がないようお願いします。ご自身の接種に必要な予約以外は、キャンセルするなどして、なるべく多くの方に接種していただけるようご協力をお願いします。

 

【第2弾】 集団接種実施日(平日接種分)をハガキでご案内しています!

5月27日(木)、集団接種を実施する「日にち」と「会場」をお知らせした案内 ハガキ を 65歳以上の市民の皆さんにお送りしました

この案内ハガキによる予約は、6月7日(月)午前9時から受付開始します。

詳細は、上記の「予約の受付をはじめます!」をご覧ください。

 

【予告 6月7日(月)午前9時から一時中断】 「集団接種」の予約について(再開分)

5月17日から予約を開始しておりました、以下の予約(6月から7月の土曜日及び日曜日に実施予定の「集団接種」の予約(2回目予約分のみ))については、6月7日(月)午前9時から一時中断しますので、予めご了承ください。再開日は、後日、お知らせいたします。

1.予約の「前」にご準備ください

 ・4月下旬にお送りした接種券 (10ケタの接種券番号が必要です)

 ・先週お送りした案内ハガキ (接種会場と日時を確認ください)

  上記2点を、お手元に準備してから予約をお願いします。

2.予約の受付開始日時

 5月21日(金) 午前9時から予約受付を再開しています。

3.予約の方法 

 2回目の接種のみのご予約となります。(1回目の接種予約を取っている方に限り予約をお取りすることができます。)

 以下の2つの方法で予約できます。 

予約方法 インターネットによる予約 電話による予約

予約先

URL https://jump.mrso.jp/292061/ 

コールセンター

電話番号 0570-056-225

受付時間  24時間対応

9時から17時

土・日祝日も可

予約確認

予約が完了すると完了メールが届きます

接種日が近づくとお知らせメールも届きます

※届くメールアドレスのドメイン名は「mrso.jp」です

接種日5日前までの予約で

確認通知を郵送します

 4.集団接種を開始する日

 5月29日(土)から、集団接種を開始します。

 5月29日以降、毎週、土曜日と日曜日に集団接種を実施します。

 土曜日は、午後1時30分から、日曜日は、午前9時30分からスタートし、

 土・日曜日とも、終了時間は、接種希望者数により異なります。最長終了時間は、午後5時30分までを予定しています。なお、予約は 15分単位で受付します。

5.集団接種を実施する施設

 ・あるぼ~る イベントホール(桜井木材協同組合所有施設) (粟殿355番地)

 (この会場は、桜井木材協同組合さまのご厚意により無償でご提供いただいておおります。)

 ・陽だまり(市休日夜間応急診療所) (粟殿1000番地の1)

 ・市立図書館 研修室 (河西31番地)

上記3施設において、集団接種を実施します。 ただし、実施日によって接種会場が変わりますので、以下の表でご確認ください。

また、個別接種を受けることができる医療機関がない地域では、上記の3会場以外にも集団接種会場が開設できないか検討中です。

6.集団接種の実施日程 (令和3年5月27日現在)

高齢者の皆さんへの2回の接種が、おおむね7月末までに終えることができるよう、以下の日程で集団接種を実施します。

・1回目または2回目の接種予約が可能な実施日

5月29日(土) 5月30日(日) あるぼ~る ・ 陽だまり  
6月5日(土) 6月6日(日) あるぼ~る ・ 陽だまり
6月12日(土) 6月13日(日) 市立図書館
6月19日(土) 6月20日(日) あるぼ~る ・ 陽だまり
6月26日(土) 6月27日(日) あるぼ~る ・ 陽だまり
7月3日(土) 7月4日(日) 市立図書館
7月10日(土) 7月11日(日) あるぼ~る ・ 陽だまり

2回目のみの接種予約が可能な実施日

7月17日(土) 7月18日(日) あるぼ~る ・ 陽だまり
7月24日(土) 7月25日(日) 市立図書館
7月31日(土)  

あるぼ~る ・ 陽だまり

 

以下の「お知らせチラシ(PDF)」で「ワクチン接種までの流れ」をご確認ください。

「予診票」が必要な人は、印刷してご利用ください。

 

ワクチン接種までの流れ(お知らせチラシ)(PDF:414KB)

予診票(PDF:355.8KB)

65歳以上の市民の皆さんに 「接種(クーポン)券」 を送付しました!

令和3年4月21日現在、桜井市に住民票があり、昭和32年4月1日以前にお生まれの方に、新型コロナワクチン接種に必要な「接種券」を送付しました。

市から個別に郵送した封筒には以下のものを同封しています。

 ・接種券(2回の接種に必要な接種券です。シールは、はがさないでください。) 

 ・新型コロナワクチン接種のお知らせ(A4サイズ 両面カラー 2枚)

 ・新型コロナワクチン接種の予診票(1回目分)

 ・新型コロナワクチン予防接種についての説明書(ファイザー社)

 ・個別接種 開始時期延期のお知らせ(済生会中和病院)

 

済生会中和病院における個別接種について

済生会中和病院における新型コロナワクチンの個別接種について、高齢者の皆さまへの接種券送付時には、個別接種を実施する予定とされておりました。

しかし、病院において、新型コロナウイルス感染者の入院に対応することや地域の基幹病院として入院される患者さんに注力すること等の理由により、市に対し、「個別接種は実施しない」と決定された旨のご報告がありました。

なお今後は、桜井市が実施する集団接種にご協力いただけるとのお約束をいただいております。

つきましては、済生会中和病院で個別接種をお待ちいただいておりました市民の皆さまには大変なご不便をおかけいたしますが、病院の意向をご理解の上、集団接種会場等において接種していただきますようお願いいたします。

 

ワクチン接種についてのご注意

新型コロナワクチンの接種は、受ける方の同意がある場合に限り行うことになります。

接種を受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。

 

ワクチンの供給と接種時期

65歳以上の高齢者に対するワクチンについては、4月の2週目から4週目にかけて国から第1弾のワクチンが出荷されました。桜井市には、5月9日までに3箱(1箱あたり975回接種分)分のワクチンが国から供給される見込みです。

上記のとおり、当面の間は、市が確保できるワクチンの量に限りがあるため、まずは、クラスターの発生が懸念される高齢者施設入所者を対象に、4月下旬から接種を開始します。国からのワクチンの供給量に合わせて、市内医療機関における個別接種、市が接種会場を開設する集団接種において、徐々に接種できる人数を増やしていく見込みです。

県内の自治体によって、接種券の送付時期や接種の開始時期などは異なります。接種を希望するすべての市民の方が、確実にワクチン接種ができるよう、準備を進めています。

 

ワクチン接種対象と接種順位

1.高齢者(令和3年度中に65歳に達する、昭和32年4月1日以前に生まれた方)

2.基礎疾患をお持ちの方( 1 に含まれる高齢者を除く)

3.高齢者施設の従事者

4.それ以外の方(16歳以上の方)

 

ワクチン接種(クーポン)券について

個人あてに送付された、接種券、接種のお知らせ、予診票やワクチンに関する説明書などは、接種が終わるまで大切に保管してください。

 

新型コロナワクチン接種コールセンターの開設 (3月22日から)

桜井市の新型コロナワクチン接種コールセンターを開設しています。コールセンターでは、ワクチン接種に関する疑問や質問についてお答えします。

電話番号などは、以下のとおりです。

桜井市新型コロナワクチン接種コールセンター

電話番号 0570-056-225(受付時間:午前9時~午後5時 土 日 祝日可)

メールアドレス sakurai_call@nta.co.jp(※接種予約はできません。)

 

ワクチンの接種回数と費用

現在、国が出荷しているファイザー社製のワクチンは、3週間の間隔をあけて2回の接種が必要です。また、接種費用は2回とも無料です。(全額公費負担)

 

新型コロナワクチン情報

新型コロナウイルスワクチンに関する情報は、以下の厚生労働省のホームページをご覧ください。

【厚生労働省】新型コロナワクチン接種についてのお知らせ(外部サイト)

【厚生労働省】新型コロナワクチンについてのQ&A(外部サイト)

【厚生労働省】新型コロナワクチンの副反応疑い報告について(外部サイト)

ワクチン接種をかたる不審電話にご注意ください!

新型コロナに係るワクチン接種のために必要とかたり、金銭や個人情報をだましとろうとする電話に関する相談が、消費生活センターに寄せられています。
市町村等が、ワクチン接種のために金銭や個人情報を電話で求めることはありませんのでご注意ください。(厚生労働省HPより抜粋)

新型コロナワクチンに関する相談窓口

厚生労働省 新型コロナワクチンコールセンター

電話:0120-761770(フリーダイヤル)
受付時間:午前9時~午後9時(土日・祝日も実施)

 

奈良県新型コロナワクチン副反応コールセンター

奈良県では、新型コロナワクチンの副反応に関する相談に対応するため、3月25日(木)から、副反応コールセンターが開設されました。

電話:0120-919-003                                       ファックス:0742-36-6105   メール:nara-vaccine@bsec.jp                                受付時間:24時間対応(土日・祝日も実施)

 

新型コロナワクチン接種推進チームを新設しました(1月25日から)

桜井市では、市民への新型コロナウイルス感染症のワクチン接種が、円滑かつ確実に実施できるよう、すこやか暮らし部けんこう増進課内にワクチン接種推進チームを新設し、スピード感をもって接種体制を整え、接種を希望する市民全員の接種に向けた取り組みを進めます。

ワクチン接種推進チームの概要

1. 体制

 4名(主幹級1名、副主幹級2名、保健師1名)

2. 執務室

 桜井市保健福祉センター陽だまり内

3. 主な業務

 ・ 接種計画の企画調整や接種実施体制の構築

 ・ 接種にあたって必要となる接種クーポン券等の印刷や発送

 ・ スムーズに接種してもらうための予約システム等の構築

 ・ ワクチン接種に関する市民からの相談体制の確保

お問い合わせ先
桜井市役所 福祉保健部 けんこう増進課
〒633-0062 桜井市大字粟殿1000-1
電話:0744-45-3443
FAX:0744-45-1785
メールフォームによるお問い合わせ