現在の位置

新型コロナウイルス感染リスクがある中での災害時の「避難」について

   新型コロナウイルスの感染リスクを避けることを念頭におきながら、あらためて災害時の「避難」の注意点についてお知らせいたします。

 

1、避難とは難を避ける行動のことです。避難所に行くことだけが避難ではありません。

 自宅が浸水する可能性が無い場所、土砂災害の危険が無い場所などの場合は在宅避難ということも重要です。まずは、洪水土砂災害ハザードマップでお住まいの場所の安全性を確認し、自宅外に避難すべきかどうかご検討ください。洪水土砂災害ハザードマップでは災害の危険性が高い浸水想定区域や土砂災害警戒区域は色で塗られていますので、自宅の場所が色で塗られているかをご確認ください。

 なお、お住まいの場所が色で塗られていない場合でも、周辺より低い場所や、崖の近くなどでは危険な場合があります。その場合は、躊躇することなく避難することが必要です。

 洪水土砂災害ハザードマップでご自宅の場所を確認することが困難な場合は下記問い合わせ先までご連絡をお願いいたします。  

 

洪水土砂災害ハザードマップとは

 

2、避難所以外の避難(分散避難)も選択肢です。

 市では、指定避難所での感染拡大防止のため、体温自動計測機や消毒液、避難者どうしの間隔をあけ、間仕切りを設置するなどの対策を行いますが、在宅避難やホテル、親戚や知人宅への避難も選択肢です。

 また、いずれの避難先に避難する場合でも、避難の際には、飲料水や軽食、常備薬の他、マスク、体温計などの感染防止用品をお持ちくださるようお願いいたします。

 

3、風邪等の症状がある方が避難する場合は中央公民館が避難所です。

 緊急時の避難に備えて、今年は特に、風邪等の症状があり体調不良の方は、あらかじめ、かかりつけ医で早めの受診をお願いいたします。

 避難の際、風邪等の症状がある方につきましては、避難先を一般の指定避難所ではなく、専用避難所として中央公民館を開設しご案内いたしますので、下記問い合わせ先までご連絡ください。

 また、一般の指定避難所に避難された方が、風邪等の症状がある場合も、中央公民館への移動をお願いいたします。

 

 みなさまのご理解とご協力をお願いいたします。

お問い合わせ先
桜井市役所 危機管理課
〒633-8585 桜井市大字粟殿432-1
電話:0744-42-9111(内線308・309)
FAX:0744-42-1747
メールフォームによるお問い合わせ