マイナンバーカードの健康保険証利用について

更新日:2022年03月01日

マイナンバーカードの健康保険証利用について

 マイナンバーカードの健康保険証利用が令和3年10月20日より本格運用が開始されました。申込いただくことで、マイナンバーカードを健康保険証として利用できます。

 利用いただける医療機関・薬局は、機器の導入に合わせて順次追加されます。そのため機器が導入されていない医療機関や薬局、また訪問看護ステーション、整骨院、接骨院、鍼灸院、あんま・マッサージ施術所では、従来通り健康保険証の提示が必要となります。

 利用できる医療機関・薬局につきましては、受診の前に受診される医療機関・薬局にお問い合わせいただくか、厚生労働省のホームページをご確認ください。

(注)令和5年3月末までにはおおむねすべての医療機関・薬局で利用可能となる予定です。

(注)従来の健康保険証についてもこれまでどおり利用できます。

 

なお、利用方法は医療機関・薬局で導入されている機器により異なります。詳しくは厚生労働省のホームページをご覧ください。

マイナンバーカード利用によるメリット

転職、引っ越し等の際に保険証の切替えを待たずにマイナンバーカードで受診できます。

国民健康保険への加入・脱退等、切替えの手続きは従来通り必要となります。

オンラインによる医療保険資格の確認により、高齢受給者証や限度額適用認定証など、医療機関・薬局の窓口への持参がなくても、医療費の請求に限度額等が適用されます(一部、国民健康保険税に滞納がある方を除く)。

福祉医療費助成に該当される方の受給資格証の持参は引き続き必要です。

カードリーダーで医療保険の資格の確認ができ、医療機関や薬局の受付がスムーズになります。

マイナポータルで自分の薬剤情報や特定健診情報を確認できるようになります。

本人の同意のもと、医師や歯科医師がオンラインで薬剤情報や特定健診情報を、また薬剤師も薬剤情報を確認できるなど、より多くの情報をもとに診療や服薬管理が可能となります。

マイナポータルで自分の医療費情報を確認できるようになります。

確定申告でも、マイナポータルを通じて医療費情報を取得し、医療機関等の領収書がなくても手続きができるようになります。

 

マイナンバーカードの事前登録

マイナンバーカードを健康保険証として利用するためには、事前に登録が必要です。登録の申し込みは次のところで手続きいただけます。

マイナンバーカードを健康保険証として利用できる医療機関・薬局の顔認証付きカードリーダー

 

マイナンバーカードの交付申請

マイナンバーカードの交付には申請が必要となります。手続きについては下記のホームページを確認ください。

マイナポイント事業について

令和3年11月19日に「コロナ克服・新時代開拓のための経済対策」が閣議決定されました。 「マイナポイント第2弾」の実施内容等につきましては、次のHPをご確認ください。

お問い合わせ

桜井市役所 市長公室 行政経営課 行政経営係
〒633-8585 桜井市大字粟殿432-1
電話:0744-42-9111(内線1261)
ファックス:0744-42-2656
メールフォームによるお問い合わせ