現在の位置

令和元年8月の活動記録

第46回日独スポーツ少年団同時交流(8月2日)

 8月2日に、ドイツよりスポーツ少年団7名のみなさんが桜井市にお越しいただきました。

 「日独スポーツ少年団同時交流」は、公益財団法人日本体育協会日本スポーツ少年団とドイツスポーツユーゲントとの交流協定に基づいて、1974年(昭和49年)から行われている青少年の国際交流事業です。

 日独両国間の夏休み期間中に、スポーツ活動を中心として、ホームステイを取り入れたグループパートナー方式で相互の文化・生活・習慣を実際に体験する国際交流となっています。

 今回、桜井市には、7名の団員が8月2日から6日の日程で滞在されました。スポーツ交流として「なぎなた」の体験をしたり、文化体験として「刀鍛冶体験」や「盆踊り」へ参加したり、その他にも様々なことを体験していただき、「日本」「桜井」を体感していただきました。

 ドイツ団のみなさん、ありがとうございました。そして、受け入れにご協力いただきました桜井市体育協会の皆さま、ホストファミリーの皆さま、本当にご協力ありがとうございました。

 Danke schön.(ダンケ シェーン:ドイツ語で「ありがとう」)

市長とドイツスポーツ少年団のみなさん

なぎなた体験

なぎなた体験の様子

刀鍛冶体験

刀鍛冶体験の様子

お問い合わせ先
桜井市役所 市長公室 秘書課
〒633-8585 桜井市大字粟殿432-1
電話:0744-42-9111(内線310)
FAX:0744-42-2656
メールフォームによるお問い合わせ