現在の位置

令和元年8月の活動記録

大和さくらい万葉まつり(8月24日)

 8月24日に、芝運動公園において第45回大和さくらい万葉まつりが開催されました。

 当日は、朝から雨が降っていましたが、開会セレモニーが始まるころには、小雨になりました。そして、市長による開始宣言があり、現代版海柘榴市(つばいち)が始まるころには、雨がやみ、晴れ間も出てきて、多くの人でにぎわいました。

市長挨拶

名誉会長(市長)による挨拶

開始宣言

市長による開始宣言

 今年は、三輪そうめんのふるまいをはじめ、トラックステージでの踊りや演奏、ライブショー、また、木のまち「さくらい」をPRするブースなど、たくさんの催しもあり、現代版海柘榴市(つばいち)と合わせ、たくさんの人に来ていただき、楽しんでいただきました。

 夕方からは、パレードが始まりました。市長や万葉まつり実行委員長を先頭に、交通安全啓発パレード、防火啓発パレードが、芝グラウンドに向けて行進しました。

 そして、パレードが終了し、次は、いよいよ祭りのクライマックス、「桜井音頭 市民総踊り」です。

パレード

パレードの様子

桜井音頭開始宣言

「桜井音頭 市民総踊り」のはじまりを市長が宣言

桜井音頭

 市内の各種団体の皆さんを中心に、多くの人に参加していただき、心を一つにして、桜井音頭を踊りました。お年寄りの方から子供まで、幅広い年齢の方が、また、市内の学校に通う学生や市内の事業所にお勤めの皆さん、市内でボランティアをしていただいている方など、いろいろな立場の方が、このように一同につどい、思いを同じくする機会は、この市民総踊り以外にはありません。

 大和さくらい万葉まつりにあたり、ご尽力いただきました実行委員会の皆さん、協力いただきました各種団体のみなさん、ありがとうございました。

 来年も、このように盛大に万葉まつりが開催できますよう、引き続きご協力をよろしくお願いいたします。

桜井市男女共同参画講演会(8月21日)

 8月21日に桜井市立図書館において、2019年度の男女共同参画講演会が開催されました。

 今回は、講師に辻イト子さんを迎え、「まだまだ輝きたい、人生これから」をテーマにご講演いただきました。辻さんは、専業主婦から40代半ばにして芸能界へ飛び込み、主婦タレントとしてユニクロのCMやテレビで活躍されています。知的障がいをもつ長女を明るく育てあげたパワフルな母から、おばちゃんCMタレント、銀行マンだった夫と結成した漫才コンビなど、様々な顔を持つ、パワフルな女性です。

 男女共同参画社会基本法制定から今年で20年、男女共同参画社会の実現に向けて、様々な施策の推進を図っていくことが重要でありますが、行政だけでなく、市民の皆さんの主体性、積極的な取り組みこそが、その着実な推進・実現につながります。

 今回の講演が、これからの男女共同参画への取り組みの契機となればと期待しています。

 辻さん、ご講演ありがとうございました。これから益々のご活躍をお祈りしています。

市長挨拶

市長挨拶の様子

辻イト子さん

辻 イト子さんによる講演の様子

第46回日独スポーツ少年団同時交流(8月2日)

 8月2日に、ドイツよりスポーツ少年団7名のみなさんが桜井市にお越しいただきました。

 「日独スポーツ少年団同時交流」は、公益財団法人日本体育協会日本スポーツ少年団とドイツスポーツユーゲントとの交流協定に基づいて、1974年(昭和49年)から行われている青少年の国際交流事業です。

 日独両国間の夏休み期間中に、スポーツ活動を中心として、ホームステイを取り入れたグループパートナー方式で相互の文化・生活・習慣を実際に体験する国際交流となっています。

 今回、桜井市には、7名の団員が8月2日から6日の日程で滞在されました。スポーツ交流として「なぎなた」の体験をしたり、文化体験として「刀鍛冶体験」や「盆踊り」へ参加したり、その他にも様々なことを体験していただき、「日本」「桜井」を体感していただきました。

 ドイツ団のみなさん、ありがとうございました。そして、受け入れにご協力いただきました桜井市体育協会の皆さま、ホストファミリーの皆さま、本当にご協力ありがとうございました。

 Danke schön.(ダンケ シェーン:ドイツ語で「ありがとう」)

市長とドイツスポーツ少年団のみなさん

なぎなた体験

なぎなた体験の様子

刀鍛冶体験

刀鍛冶体験の様子

お問い合わせ先
桜井市役所 市長公室 秘書課
〒633-8585 桜井市大字粟殿432-1
電話:0744-42-9111(内線310)
FAX:0744-42-2656
メールフォームによるお問い合わせ