現在の位置

史跡 纒向遺跡・史跡 纒向古墳群 保存活用計画書

史跡 纒向遺跡・史跡 纒向古墳群 保存活用計画書を策定しました

  • 『史跡 纒向遺跡・史跡 纒向古墳群 保存活用計画書』策定の目的

 桜井市は奈良盆地東南部に位置し、数多くの歴史的に貴重な遺産をもつ市として知られています。中でも市北西部、JR巻向駅周辺に広がる纒向遺跡は、ヤマト王権発祥の地として、またこの国の形成過程を知るうえで非常に重要な遺跡として著名です。
 この遺跡の重要性に鑑み、平成18年には纒向遺跡に所在する古墳の一部が「史跡 纒向古墳群」として、平成25年には纒向遺跡の一部が「史跡 纒向遺跡」として、それぞれ史跡に指定されました。

 本計画は、「史跡 纒向遺跡」と「史跡 纒向古墳群」の本質的価値と構成要素を明確化し適切な保存管理を行い次世代へ継承すること、また史跡の整備活用を推進し、市民ひとりひとりが纒向遺跡を通して地域に対する愛着や誇りを育み地域の活性化に寄与することを目的とするものです。本計画書では目的達成のために、保存管理の基本方針、保存管理の方法、現状変更等の取り扱い基準、また整備・活用運営などについて今後の方向性をしめしています。

史跡 纒向遺跡・史跡 纒向古墳群 保存活用計画書(PDF:7.7MB)

※文字化けする場合は、一度保存してからご確認ください。

お問い合わせ先
桜井市教育委員会事務局 文化財課 調査研究係
桜井市纒向学研究センター
〒633-0085 桜井市大字東田339
電話:0744-45-0590
FAX:0744-45-0590