現在の位置

幼児・児童・生徒・教職員等が新型コロナウイルス感染症の感染者及濃厚接触者となった際の対応について

概要

 

1.感染者が確認されたとき

 幼児児童生徒・教職員等に1人でもPCR検査により「陽性」が確認されたときは、県、国の考えに基づき2日間の学校(園)の臨時休業を行い、学校(園)内の消毒作業を行うとともに、全幼児児童生徒等と教職員の健康状態の把握を行います。その後、保健所の指示によっては、全部または一部の臨時休業を行う場合があります。

 陽性が確認された幼児児童生徒等は、治癒するまで出席停止(学校保健安全法施行規則第19条)とします。

 

2.同居家族で陽性者が確認されたとき

 幼児児童生徒・教職員等の同居家族で陽性者が確認された場合は、当該の幼児児童生徒・教職員等が濃厚接触者となることが考えられますので、当該者の学級または学年の一時閉鎖を行うことがあります。

 この場合、当該者がPCR検査で陰性と確認されれば、学級または学年の一時閉鎖を解除します。

 また、当該者は、PCR検査で陰性と確認されても、一定期間出席停止とします。

 

3.発熱等の風邪症状のあるとき

 風邪症状や発熱症状が現れた幼児児童生徒は、症状がなくなるまで自宅待機することとし、登校の判断はかかりつけ医の判断によるものとします。また、自宅待機の間は出席停止とします。

 

4.個人情報の保護について

 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第16条第2項では、感染者等の個人情報の保護に留意しなければならないと規定されています。桜井市においても、同様の取組を進めています。

 

5.その他

 以上の対応方針については、国や県からの通知等により変更する場合がありますのでご理解くださいますようお願いします。

 

お問い合わせ先
桜井市教育委員会事務局 学校教育課
〒633-8585 桜井市大字粟殿202
電話:0744-42-9111(内線602)
FAX:0744-45-0962
メールフォームによるお問い合わせ