現在の位置

「三輪素麺」「戎春雨」を大和さくらいブランドに認定

「三輪素麺」、「戎春雨」が桜井市地域ブランド認定推進委員会にて全会一致で承認され、新たに「大和さくらいブランド」に認定されました。

平成28年6月22日(水)に桜井市役所にて大和さくらいブランド認定書授与が行われました。

認定者の皆様です。

認定された皆様

画面右から 奈良食品(株)代表取締役 森下晃氏、奈良県三輪素麺工業協同組合理事長 池側義嗣氏、奈良県三輪素麺販売協議会会長 池田利一氏

戎春雨

・戎春雨 (えびすはるさめ)

申請者:奈良食品(株) 代表取締役 森下 晃 氏

南九州産甘藷でんぷんと北海道産馬鈴薯でんぷんを使用し、昔ながらの手作り天日乾燥にて製造されています。桜井市は昭和12年に日本で初めて春雨の生産がされた場所と言われており、創業当時から国産原料と天日干し、手作りにこだわって生産をされています。パッケージは桜井市をイメージできるような桜のデザイン・色となっています。

三輪素麺

・三輪素麺

申請者: 奈良県三輪素麺工業協同組合 理事長 池側 義嗣 氏

      奈良県三輪素麺販売協議会 会長 池田 利一 氏

三輪素麺の特徴は、しっかりとした麵のコシの強さや歯切れの良さ、長年にわたる伝統的な手延べ製法によって作られていることです。桜井市は素麺発祥の地とされ、また本年3月には、農林水産省の「地理的表示制度」のGIマークを取得されました。大和さくらいブランドにおいても、このGIマークの基準を満たす商品はすべて認定となりました。

お問い合わせ先
桜井市役所 まちづくり部 観光まちづくり課
〒633-8585 桜井市大字粟殿432-1
電話:0744-42-9111(内線342・348)
FAX:0744-46-1782
メールフォームによるお問い合わせ