現在の位置

大和さくらいブランドのご紹介

大和さくらいブランドとは・・

桜井市にある桜井らしい個性と魅力を持ったさまざまな素晴らしい産品(資源)のなかから、桜井市地域ブランド認定推進委員会が審査し、桜井市長が認定したものを「オールさくらい」の商品として取り扱い、総称として「大和さくらいブランド」と呼ぶものです。

↓下記のマークが「大和さくらいブランド」認定マークです。

大和さくらい認定マーク

 

 

 

 

 

三輪素麺

 さくら奈良県三輪素麺販売協議会奈良県三輪素麺工業協同組合

  さくら三輪素麺

  三輪素麺は、厳選された小麦、三輪の清水、塩、そして聖なる山から吹く北風と天日といった、三輪の自然と風土を最大限に生かして生産しています。

麺の特徴は、口当たりなめらかにしてしっかりとしたコシの強さや歯切れの良さに加え、茹でた後ものびにくい点です。桜井市は素麺発祥の地とされ、2016年3月には、農林水産省の「地理的表示保護制度」のGIマークに登録し、大和さくらいブランドにおいても、このGIマークの基準を満たす商品はすべて認定となりました。

 

詳しくはホームページをご覧下さい。

奈良県三輪素麺工業協同組合(外部リンク先)

http://www.miwasoumen-kumiai.com/

 

 

笠そば

(有)荒神の里・笠そば

 荒神の里・笠そば[乾麺]

 桜井市笠地区で生産された玄そばを100%使用しております。麺の特徴は、ほどよい風味があり、歯切れが良く、のど越しの良い点です。

 笠地区には笠山三宝荒神社があり、古くから「笠の荒神さん」と親しまれ、この商品はこの神社から着想を得て商品名が付けられています。

 

詳しくはホームページをご覧下さい。

(有)荒神の里・笠そば(外部リンク先)

http://kasasoba.com/

 

 

戎春雨

さくら奈良食品株式会社

sakura戎春雨(えびすはるさめ)

 南九州産甘藷でん粉と北海道産馬鈴薯でん粉から作られ、自然の恵みを一杯に受けてほのかな甘みを感じることができます。

 桜井市は、昭和12年に日本で初めて春雨が生産された場所といわれており、創業当初からの国産原料での手作り、天日干しなど製造過程にこだわり、加工助剤としてごく微量に使用していたミョウバンまでも排除した、まさに「国産無添加はるさめ」といえます。

 

詳しくはホームページをご覧ください。

奈良食品株式会社(外部リンク先)

http://nara-shokuhin.com

 

柿の葉すし

柿の葉すし 山の辺

柿の葉すし 山の辺

 江戸期、熊野に上がった鯖󠄀が一塩され、山越えをして大和の国桜井魚市場へと運ばれた。この道が「鯖󠄀街道」である。

鯖󠄀と寿司めしを型押しし、柿の葉で包んだのが柿の葉すしです。柿の葉については、山の辺の道沿いで収穫されたものを使用し、12月~5月頃は塩漬け、6月~10月頃は新緑、11月~12月は紅葉の葉を使用し、季節それぞれの楽しみがあります。

 

詳しくはホームページをご覧ください。

柿の葉すし山の辺(外部リンク先)

http://www.kakinohasushi.net

 

 

ミワコロッケ

saku末広精肉店

saku 名物 ミワコロッケ

 大和牛や国産じゃがいもといった厳選した食材を使用し、創業当初から変わらぬ味を守っています。衣はパン粉に加え三輪素麺を細かくしたもので包み、肉の旨みとサクサクの衣で味はジューシーでコクがあり、パリッとした一品です。JR三輪駅から大神神社へ参拝する際には必ず通る場所にあるため、三輪にお越しの際はぜひお立ち寄りください。

 

 

 

 

みむろ

株式会社 白玉屋榮壽

名物 みむろ

  名物「みむろ」は、弘化年間(1844~8年)に弊舗の祖・初代 白玉屋榮壽氏が創めて以来、170余年の間その製法と味を一子相伝七代にわたり受け継がれてきたものです。菓銘は、本舗の守護神・三輪明神大神神社の御神体山 三諸山(みむろやま)にちなんだもので、一粒一粒厳選した特産の大納言小豆の餡と、糯米のやさしく包む最中皮の芳ばしい香りはまさに絶品。

  昔から、大和上街道の宿場街の銘菓として親しまれてきました。

詳しくはホームページをご覧ください。

株式会社 白玉屋榮壽(外部リンク先)

http://www.begin.or.jp/mimuro

 

 

やまとのうさぎまんじゅう

さくとろろめし 山和

さくやまとのうさぎまんじゅう

  原材料に特産大和黒皮丸芋、米粉、砂糖を使用し、こし餡は地元桜井市で作られたものを原料にしています。一つ一つ丁寧な手作りで、添加物を使わずお互い材料の良さを引き出しています。

  原型は大神神社の「撫でうさぎ」にあやかり、色白でころんとした形が可愛いお饅頭です。

 

詳しくはホームページをご覧ください。

とろろめし 山和(外部リンク先)

http://www.facebook.com/tororo.yamato

 

 

女夫饅頭

やまとびとのこころ店

やまとびと女夫饅頭(めおとまんじゅう)

  江戸時代、伊勢参りの人々の往来で賑わった桜井市黒崎付近で、人々に親しまれた「女夫饅頭」を復元して作りました。お饅頭は三層でできており、上は白い薯蕷(じょうよ)饅頭、下はピンク色の酒饅頭、真中には粒あんを挟み、素材を厳選して作られた上品な味です。

  やまとびとのこころ店では蒸したてをお召し上がりいただけます。

 

詳しくはホームページをご覧ください。

やまとびとのこころ店(外部リンク先)

http://www.yamatobito.net

 

 

HASEドーナツ

さくやまとびとのこころ店

さくHASEドーナツ

 長谷寺参道の新しいスイーツ「HASEドーナツ」。原材料には、奈良県産の小麦粉・はちみつ、大宮農場のこだわり卵、月ヶ瀬健康茶園の有機ほうじ茶・有機煎茶などを使用しております。奈良県産にこだわった甘さ控えめの『焼きドーナツ』です。種類も豊富で、プレーン・チョコチップ・ラムレーズン・有機ほうじ茶・小豆入り有機煎茶などございます。幅広い年代で気軽に召し上がっていただけます。

 

詳しくはホームページをご覧ください。

やまとびとのこころ店(外部リンク先)

https://www.yamatobito.net

 

まきのもも

吉方庵

まきのもも

  いにしえの奈良桜井「まきむく」の地で卑弥呼は、神々に桃を捧げ「国の太平」「民の幸福」をお祈りしていました。吉方庵は、卑弥呼の祈りを『まきのもも』として、今に蘇らせました。種まで食べられる若桃を丸ごと一粒使うことで、桃本来のフルーティーさと香りが広がる焼き菓子になっており、中の白あんもあっさりとした甘さに仕上げ、桃との調和にこだわりました。

 

詳しくはホームページをご覧ください。

吉方庵(本店)(外部リンク先)

http://www.kippouan.com

 

 

みわいっこん

桜吉方庵

saku三輪一献(みわいっこん)

 地元三輪の今西酒造様の吟醸酒粕と豆乳を使用し、口どけの良い生地に焼き上げました。名産吉野葛を入れた「吉野羹」をはさみ、菓名も「三輪の酒」を連想させる名前にし、地元大和の誇れる逸品に仕上げました。

 

詳しくはホームページをご覧ください。

吉方庵(本店)(外部リンク先)

http://www.kippouan.com

 

みわふらい

吉方庵

三輪福来(みわふらい)

 三輪名産の三輪そうめんと北海道小豆の出会い。和菓子の命ともいわれる餡にこだわり、小豆ならではの食感を活かした『しずる餡』を使用しています。衣には細かく砕いた「三輪そうめん」を使用し、サクサクッとした食感で甘味を抑えた味に仕上げています。

《販売期間》9月中旬~4月中旬

 

詳しくはホームページをご覧ください。

吉方庵(本店)(外部リンク先)

http://www.kippouan.com

 

 

さらいのとろぷりん

桜 かふぇレストラン さらい

sakuさらいのとろぷりん

  人気商品で、当店自慢の絶品です。味はプレミア!生クリームいっぱいで手作りの濃厚とろとろプリン。

  蜜をかけなくても、苦味のある蜜をかけても、どちらでも美味しくお召しあがりいただけるように仕上げてあります。

 また、店内でのお召しあがり、お土産としてもご使用いただけるよう準備しております。

 まずはお召しあがりを!

 

詳しくはホームページをご覧ください。

かふぇレストラン さらい(外部リンク先)

http://sarai.web7th.jp/home.htmml

 

 

ちゃうすやまドレーヌ

スイーツ&カフェ            MAMAN

茶臼山ドレーヌ        (ちゃうすやまドレーヌ)

 桜井市のお土産になるよう、店の近くにある古代大王の古墳と云われる茶臼山をイメージ。小さいお子様からご年配の方まで食べていただけるようマドレーヌとして製作しました。ふんわりとやわらかく焼き上げ、また添加物が入っていないため誰にでも安心して召し上がっていただけるケーキです。

 

詳しくはホームページをご覧ください。

スイーツ&カフェ MAMAN(外部リンク先)

http://www.maman1986.com

 

談山きじょうしゅ

桜西内酒造(地酒,談山醸造場)

saku談山 貴醸酒        

 「貴醸酒」は原材米に奈良県産キヌヒカリを使用し、仕込み水の代わりに吟味された清酒を用いて醸造しています。このお酒のルーツは『御酒』で、シオリ法といわれる製法で作られ、この製法に関しては「科学技術庁長官賞」を受賞した経歴もあり、全国的にも珍しく奈良県内では西内酒造のみで製造しています。

 また、2017年、IWC(インターナショナルワインチャレンジ)の日本酒部門で銀メダルを受賞しました。味わいはまろやかで、とろりとした琥珀色で甘口のお酒ですが、後味はすっきりとした美味しいお酒です。

 

詳しくはホームページをご覧ください。

西内酒造(地酒、談山醸造場)(外部リンク先)

http://www.nara-tanzan.com

 

 

談山きじょうしゅるいじょうしゅ

西内酒造(地酒,談山醸造場)

談山 貴醸酒 累醸酒

 「累醸酒」は、原料米に奈良県産アキツホを使用し、仕込み水の代わりに貴醸酒を用い、米と米麹を入れて低温で発酵させたお酒です。

 2016年IWC(インターナショナルワインチャレンジ)の日本酒部門(古酒の部)で銀メダルを受賞し、2017年には金賞の最高峰であるゴールドトロフィーを受賞しました。特徴は、琥珀色で味わいはとろりと濃厚でまったりとしています。

 

詳しくはホームページをご覧ください。

西内酒造(地酒、談山醸造場)(外部リンク先)

http://www.nara-tanzan.com

 

こだいまいしゅひみこのさと

桜西内酒造(地酒,談山醸造場)

saku古代米酒 卑弥呼の里

 「卑弥呼の里」桜井にふさわしいお酒を造りたいとの思いから、高品質の紫黒米を使用し“これぞ桜井”という天然色の美しい桜色をしたお酒に仕上げています。古代米の黒米にはアントシアニン系の色素が含まれ、目の疲れ効果があることやビタミン・ミネラルなどを多く含むため健康によいとされています。原料米の一部にこの黒米を用いられたこのお酒は、やや辛口ですが華やかで透明感があり、品のあるお酒で女性にもお勧めです。

 

 

 

詳しくはホームページをご覧ください。

西内酒造(地酒、談山醸造場)(外部リンク先)

http://www.nara-tanzan.com

 

 

くらづくりならえきおけしこみしょうしゅ

大門醤油醸造

蔵造り 奈良絵 木桶仕込本醸造醤油        (きおけしこみほんじょうぞうしょうゆ)

 素材にこだわりを持ち、農薬を使わないで栽培された大豆・小麦を吉野杉の木樽で2年以上じっくりと醗酵熟成させ、製法にもとことんこだわった本物しょうゆ!女性醸造家として30年を数える大門・蔵つき酵母のしょうゆだから、すっきりした味わいです。環境や健康に関心の高いお客様からの支持も高く、保存料・添加物が一切使用されていませんので冷蔵庫で保管してください。

 

詳しくはホームページをご覧ください。

大門醤油醸造(外部リンク先)

http://daimonshouyu.com

 

くらづくりならえきおけしこみさんしょうしょうゆ

桜大門醤油醸造

saku蔵造り 奈良絵 木桶仕込本醸造山椒醤油     (きおけしこみほんじょうぞうさんしょうしょうゆ)

 農薬・科学肥料を一切使わない大豆・小麦を原料とし、杉桶で2年以上醗酵熟成させた醤油と、大和の自然が育てた採りたての山椒の実を丸ごと入れた、さわやかな香気と辛味、醤油のおいしさをあわせもった「山椒しょうゆ」を作りました。開栓後は冷蔵庫で保存の上、お早めにお使いください。

 

詳しくはホームページをご覧ください。

大門醤油醸造(外部リンク先)

http://daimonshouyu.com

 

 

ならわしノート現代和とじ帳

やまとびとのこころ店

ならわしノート現代和綴帳 (げんだいわとじちょう)

 「ならわし」とは“ことはじめ”のこと。「新しく習い事を始めようとする時にそばに置いてほしいノート」をコンセプトに商品作りを行っています。繊細で上品な「和紙ノート」は書き味も良く、驚くほどに軽いノートです。日記や俳句帳など、長く取っておきたいものに最適です。「現代和綴帳」は墨ののりが良いため御朱印帳や和の習い事にぴったりです。ポップなデザインとビジネスでも使えるシックなデザインとのラインがあり、全8種類のデザイン展開をしています。

 

詳しくはホームページをご覧ください。

やまとにとのこころ店(外部リンク先)

http://www.yamatobito.net

 

もくせいボールペン

桜工房 夢咲花(ゆめさか)

saku鼓の里 木製ボールペン 桜

 材料は奈良県産にこだわり、多武峰地区で生産された桜(山桜)を使用しています。この地区は古来『鼓の産地』とされており、鼓の胴に桜の木を用いられたことから『鼓の里』と呼ばれています。その桜の木を削り出して作り、木目や色が美しい木製ボールペンで木の香りが心よい。一本一本手作りで、風合いも良く、使うほどに手になじむ温かみのあるオンリーワンの商品として人気を呼んでいます。自分の手に合った太さ、デザインの手作り体験もできます。

 

詳しくはホームページをご覧ください。

工房 夢咲花(ゆめさか)(外部リンク先)

http://web1.kcn.jp/yumesaka/

 

 

 

やまとおいね

井上ふとん店

大和おいね

 「おいね」とは、“おいねる”“背負う”が由来です。自然素材の綿わたを使用し、軽さと動きやすさを追求した防寒着で、冷えからくる肩こりや腰痛が軽減されるほか、暖房機部やカイロなど必要なくなるため、節電・節約ができます。綿素材の中でもオーガニックコットン布施商品や、より軽く肌触りの良い絹の布施をしたもの、また還暦用お祝いに赤の綿布施を使用した商品なども取り揃えています。

 

詳しくはホームページをご覧ください。

井上ふとん店(外部リンク先)

http://minne.com/@yamato-oine/profile

記紀万葉ふるさと巡りツアータクシー

桜日の丸交通(株)

saku記紀万葉ふるさと巡りツアータクシー

 日の丸交通(株)が実施している「記紀万葉ふるさと巡りツアータクシー」は、バスでは行けない場所にタクシードライバーの観光案内で、効率良く市内の観光名所・旧跡を巡ることができるツアータクシーです。

 おすすめコースとして、「安倍文殊院・談山神社コース」「山の辺の道コース」「長谷寺・室生寺コース」などがあり、お客様のご希望に応じて「西国礼所めぐり」など、その他のご相談をお受けします。

 

詳しくはホームページをご覧ください

日の丸交通(株)(外部リンク先)

http://www.hinomarukotu.com

吉隠米1

「吉隠米」ブランド化推進プロジェクト会議

「吉隠米」

 吉隠地区は、穏やかな日当たりのよい谷あいに美しい曲線の棚田が連なる集落です。古くは万葉の歌にも詠まれ、伊勢街道の名所として知られてきました。

 この棚田から生産される米は、稲作に適した谷の気候風土とよい水、よい土に恵まれて品質が良く、吉隠は、昔からおいしい米がとれるところとして定評がありました。

 栽培品種は、ヒノヒカリです。地域の人々が心を込めて育てた米をさらに厳選して「吉隠米」として提供しています。「吉隠米」は、食味がよく甘味があり、冷めてもおいしいお米です。

 

詳しくはホームページをご覧ください

【ギフト・商品販売業者】 SUNS design gift(外部リンク先)

http://www.suns-designgift.com

お問い合わせ先
桜井市役所 まちづくり部 観光まちづくり課
〒633-8585 桜井市大字粟殿432-1
電話:0744-42-9111(内線342・348)
FAX:0744-46-1782
メールフォームによるお問い合わせ