現在の位置

万葉歌碑-歌碑一覧(磐余(いわれ)の道コース)

歌碑一覧 「磐余(いわれ)の道コース」

万葉歌碑マップ(多武の道コース・磐余(いわれ)の道コース)

(所在)桜井商業高校グラウンド前 山田寺入口

  • 番号:29、29-2
  • 所在:磐余道(道標)
  • 筆者:井上 靖

万葉歌碑-歌碑の紹介(29)

つぬさはふ磐余も過ぎず泊瀬山いつかも越えむ夜は更けにつつ

  • 番号:30
  • 所在:安倍文殊院、西古墳横
  • 万葉集:巻3~282
  • 著者:春日蔵首老
  • 筆者:朝永振一郎

万葉歌碑-歌碑の紹介(30)

金烏臨西舎 鼓聲催短命 泉路無賓主 此夕離家向

  • 番号:31
  • 所在:吉備池北側の春日神社
  • 懐風藻
  • 著者:大津皇子
  • 筆者:福田恒存

万葉歌碑-歌碑の紹介(31)

神風の伊勢の国にもあらましを何しか来けむ君あらなくに

  • 番号:31-2
  • 所在:吉備池北側の春日神社
  • 万葉集:巻2~163
  • 著者:大来皇女
  • 筆者:福田恒存

万葉歌碑-歌碑の紹介(31)

ももつたふ磐余の池に鳴く鴨を今日のみみてや雲がくりなむ

  • 番号:32
  • 所在:吉備池畔
  • 万葉集:巻3~416
  • 著者:大津皇子
  • 筆者:中河幹子

万葉歌碑-歌碑の紹介(32)

現身の人なる吾れや明日よりは二上山を弟背と吾が見む

  • 番号:33
  • 所在:吉備池西畔
  • 万葉集:巻2~165
  • 著者:大来皇女
  • 筆者:小倉遊亀

万葉歌碑-歌碑の紹介(33)

山川に鴛鴦二ついて偶ひよく偶へる妹を誰か率にけむ

  • 番号:37
  • 所在:山田寺跡
  • 日本書紀
  • 著者:野中川原史満
  • 筆者:前川佐美雄

万葉歌碑-歌碑の紹介(37)

本毎に花は咲けども何とかも愛し妹がまた咲き出来ぬ

  • 番号:37-2
  • 所在:山田寺跡
  • 日本書紀
  • 著者:野中川原史満
  • 筆者:前川佐美雄

万葉歌碑-歌碑の紹介(37)

三輪山を然かも隠すか雲だにもこころあらなむ隠さふべしや

  • 番号:57
  • 所在:桜井西中
  • 万葉集:巻1~18
  • 著者:額田王
  • 筆者:保田與重郎

万葉歌碑-歌碑の紹介(57)

こもりくのはつせの山は色づきぬしぐれの雨は降りにけらしも

  • 番号:58
  • 所在:三十八柱神社
  • 万葉集:巻8~1593
  • 著者:大伴坂上郎女
  • 筆者:犬養 孝

万葉歌碑-歌碑の紹介(58)

お問い合わせ先
桜井市役所 まちづくり部 観光まちづくり課
〒633-8585 桜井市大字粟殿432-1
電話:0744-42-9111(内線342・348)
FAX:0744-46-1782
メールフォームによるお問い合わせ