現在の位置

万葉歌碑-歌碑の紹介(11)

山の辺の道コース

万葉歌碑-歌碑一覧(山の辺の道コース)

万葉歌碑マップ(山の辺の道コース)

No.11

三諸は人の守る山本辺はあしび花咲き未辺は椿花咲くうらぐはし山ぞ泣く児守る山

  • 歌の解釈:三諸山(三輪山)は人がみだりに立ち入ることなく、大切に一木一草を守ってきている山である。この山の麓のほうには、馬酔木の花が咲き、山頂のほうには、椿の花が咲くのである。この山は、ほんとうに心の底から美しく感じられる山、泣く子の気持ちを静めるように、あれこれと気を使って、守り大切にしている山であるよ。
  • 万葉集:巻13~3222
  • 所在:桧原井寺池畔
  • 著者:作者未詳
  • 筆者:久松潜一

歌碑11の画像

お問い合わせ先
桜井市役所 まちづくり部 観光まちづくり課
〒633-8585 桜井市大字粟殿432-1
電話:0744-42-9111(内線342・348)
FAX:0744-46-1782
メールフォームによるお問い合わせ