現在の位置

万葉歌碑-歌碑の紹介(48)

山の辺の道コース

万葉歌碑-歌碑一覧(山の辺の道コース)

万葉歌碑マップ(山の辺の道コース)

No.48

かぐ山は畝火ををしと耳成と相あらそひき神代よりかくなるらしいにしへも しかなれこそうつせみもつまをあらそふらしき

  • 歌の解釈:大和三山の香久山、畝傍山、耳成山の間には、古い伝承に見られるような男女の間のいりこみがあって、一人の女性を二人の男性が嬬(配偶者)争いをしたという。こうしたことは、神代の頃にもあったらしい。人の世の遠い昔もそうだったのだろうか、だからこそ今の世でも男たちは嬬を取り合って争うことらしい。
  • 万葉集:巻1~13
  • 所在:桧原井寺池畔
  • 著者:天智天皇
  • 筆者:東山魁夷

歌碑48の画像

お問い合わせ先
桜井市役所 まちづくり部 観光まちづくり課
〒633-8585 桜井市大字粟殿432-1
電話:0744-42-9111(内線342・348)
FAX:0744-46-1782
メールフォームによるお問い合わせ