現在の位置

2019年全国家計構造調査の実施について

全国家計構造調査へのご協力をお願いします!

 総務省統計局では、都道府県や市区町村を通じて、「2019年全国家計構造調査」を実施します。調査へのご理解とご協力をお願いいたします。

調査の概要

調査の目的

 全国家計構造調査は、家計における消費、所得、資産及び負債の実態を総合的に把握し、世帯の所得分布及び消費の水準、構造等を全国的及び地域別に明らかにすることを目的としています。

 調査の結果は、高齢者の年金給付額や現役世代の保険料納付額についての検討資料として用いる等、様々な場面で利用されます。

調査の期間

 2019年10月及び11月の2か月間実施します。

 調査準備として、2019年8月から調査員が対象地域のお宅を訪問して、世帯主の方の氏名などを聞き取りさせていただきます。

  基本調査の調査対象に選ばれた世帯の方には、9月中旬から調査員が再びお伺いし、調査にご協力いただくお願いをするとともに調査票などをお渡しします。

 簡易調査の調査対象に選ばれた世帯の方には、10月下旬から調査員が再びお伺いし、調査にご協力いただくお願いをするとともに調査票などをお渡しします。

調査の対象

 全国から無作為に選定した約90,000世帯が対象です。

調査事項

 「家計簿」、「年収・貯蓄等調査票」及び「世帯票」の3種類の調査票により、日々の家計の収入と支出、年間収入、預貯金などの金融資産、借入金、世帯構成、世帯員の就業・就学状況、現住居の状況(床面積、建築時期など)を調査します。

 この調査は、3種類すべての調査票に回答をお願いする「基本調査」と「年収・貯蓄等調査票」及び「世帯票」の2種類の調査票に回答をお願いする「簡易調査」で調査します。

調査の方法

 調査員が調査対象世帯に調査票を配布することにより行います。調査票の提出は、次のいずれかの方法を選択できます。

  ア インターネット回答

  イ 調査員に提出

  ウ 郵送により提出(「簡易調査」のみになります)

調査員とは?

   調査員は県知事より任命された非常勤の地方公務員です。
   調査員は必ず顔写真付きの調査員証を携帯しております。

 

全国家計構造調査について、詳しくは下記のウェブサイトよりご覧いただけます。

総務省統計局ウェブサイト

全国家計構造調査ロゴ

お問い合わせ先
桜井市役所 まちづくり部 商工振興課 商工・統計係
〒633-8585 桜井市大字粟殿432-1
電話:0744-42-9111(内線351)
FAX:0744-42-2656
メールフォームによるお問い合わせ