現在の位置

ノロウイルスに注意しましょう!

ノロウイルスによる感染性胃腸炎は、1年を通じて発生がみられますが、主に秋から冬にかけて流行します。ノロウイルスは感染力が強いため、感染した人がいると二次感染を引き起こし、集団感染となることもありますので、十分な注意が必要です。

症状

  • 潜伏期間(感染から発症までの時間)は、24~48時間です。
  • 吐き気、嘔吐、下痢、腹痛、発熱等
  • 感染しても発症しない場合や軽い風邪のような症状の場合もあります。

抵抗力の弱い高齢者や乳幼児などの場合、嘔吐物をのどに詰まらせたり、脱水症状がひどくなるなどの可能性があります。水分補給に気をつけ、早めに医師の診察を受けることが重要です。

症状がおさまっても、感染した人の便からはノロウイルスが2~3週間排泄されることがあるので、二次感染予防の注意が必要です。

予防方法

  • 手洗いの徹底
  • 嘔吐物の適切な処理

感染した人の便や嘔吐物を処理するときは、手袋やマスクを着用し、直接触れないように注意しましょう。十分な換気をした上で、ノロウイルス等に有効な消毒液(家庭用塩素系漂白剤など)を使用することが重要です。また、処理した後は、十分な換気と、手洗い、うがいをしましょう。

お問い合わせ先
桜井市役所 すこやか暮らし部 けんこう増進課
〒633-0062 桜井市大字粟殿1000-1
電話:0744-45-3443
FAX:0744-45-1785
メールフォームによるお問い合わせ