現在の位置

ごみ焼却炉

ごみ焼却炉

ごみ焼却施設

施設の特色

ガス化炉により約600度の低温でガス化処理した時に出たガスを利用し約1350度の高温で溶融し、灰などは溶融炉でスラグ化無害化した後、最終処分場に埋立処理します。

施設から排出されるガスは、最新の除去設備により処理し、環境対策に万全を期しています。

焼却により発生する熱は、ボイラで蒸気として回収し、蒸気タービンによって発電し、施設で利用することで経費の節約を図っています。

施設概要

  • 受入・供給設備
  • ガス化溶融設備
  • 燃焼ガス冷却設備
  • 排ガス処理設備
  • 余熱利用設備
  • 通風設備
  • 灰出し設備
  • 排水処理設備
  • 電気設備
  • 計装制御設備

ごみ焼却炉(ごみ処理の流れ)

ごみ焼却炉(ごみ処理の流れ)

ごみ計量棟

(1)
収集したごみの重量を計算し、コンピュータで分類集計して日報・月報などを作成します。

プラットホーム

(2)
収集されたごみを、ごみ投入扉からごみビットに投入します。

ごみビットクレーン

(3)
ごみピットに投入されたごみは、ごみクレーンによってよく攪拌(かくはん)されたあと、ガス化炉へ運びます。

中央制御室

(4)
ガス化溶融炉の運転、ごみクレーンの操作、機器の監視・制御などすべての運転操作・管理がこの一室で行われます

ガス化炉

(5)
ごみを約600度で分解しガス化させて溶融炉へ送ります。

溶融炉

(6)
ガス化炉で分解されたガスおよび飛灰を溶融炉で約1350度の高温で溶融します。

バグフィルタ

(9)
排ガス中のばいじんは、バグフィルタによって、微細なばいじんまで取り除きます。

蒸気タービン発電機

(12)
ボイラで作られた蒸気で発電を行います。電力はグリーンパークで利用されます。

お問い合わせ先
桜井市役所 環境部 施設課
〒633-0052 桜井市大字浅古485-1
電話:0744-45-2001
FAX:0744-45-2002
メールフォームによるお問い合わせ