現在の位置

リサイクルプラザ

  • リサイクルプラザ(管理・工房・啓発) クラフト館休館のため休止中
  • 市民工房・バーナーワーク クラフト館休館のため休止中
  • 桜井市一般廃棄物循環型社会基盤施設

桜井市一般廃棄物循環型社会基盤施設【環境対策】

~環境にやさしい施設です~
周辺地域の環境・自然との調和に配慮した施設です。

環境対策

大気汚染防止

ごみを高温燃焼することでダイオキシン類の発生を抑制し、また最新の環境防止設備を設置し、ばいじんや有害物質を除去します。

臭気防止

ごみピットから発生する臭気は、プラットホーム出入り口に自動シャッター、エアーカーテンを設けることにより、外部と遮断します。ピットの中の臭気は焼却炉に送り、高温で分解して無臭にします。

排水処理

施設から発生する排水は、ごみ焼却炉の排水処理設備に送水し薬品を注入して処理した後、場内で再利用をはかるなどクローズド方式を採用しています。

環境測定モニター表示板

市民の皆様に安心して生活していただけるよう、焼却によって発生する、窒素酸化物、硫黄酸化物、一酸化炭素、塩化水素、ばいじんの濃度の値を基準値(下表)と比較しながら、リアルタイムで掲示します。

基準値:窒素酸化物 ppm
桜井市:70以下
国:250
   
基準値:硫黄酸化物 ppm
桜井市:50以下
国:300
   
基準値:一酸化炭素 ppm
桜井市:30以下
   
基準値:塩化水素 ppm
桜井市:50以下
国:430
     
基準値:ばいじん g/m3
桜井市:0.01以下
国:0.08
       
基準値:ダイオキシン ng-TEQ/m3
桜井市:0.1以下
国:1

桜井市一般廃棄物循環型社会基盤施設【有効利用】

有効利用

鉄・アルミ

リサイクルセンターで粗大・不燃ごみを破砕し、鉄を取り出します。破砕後の可燃物は可燃ごみと一緒に焼却処理します。ガス化炉から出された焼却不燃物から磁選機で鉄を、アルミ選別機でアルミを取り出しリサイクルします。

スラグ

路盤材、アスファルト混合材などの土木資材のほか、コンクリート製品の骨材など、有効利用を図れるように現在検討しています。

埋立量の低減

溶融炉により、溶融して出た灰を溶かして固めてスラグ状にするため、埋立量が低減され処分場の延命化が図れます。

サーマリサイクル

可燃性廃棄物を焼却して発生した熱は、ボイラで蒸気として回収し、これを蒸気タービンにより発電し、施設内の電気として利用し、経費の削減を図ります。

廃ガラス

カレット状にし、有効利用を図っています。

お問い合わせ先
桜井市役所 環境部 施設課
〒633-0052 桜井市大字浅古485-1
電話:0744-45-2001
FAX:0744-45-2002
メールフォームによるお問い合わせ