骨髄移植等により免疫を失った方に対する再接種費助成事業

更新日:2022年04月01日

桜井市では、骨髄移植、末梢血幹細胞移植及びさい帯血移植等の造血幹細胞移植又は抗がん剤治療等の化学治療(以下、「骨髄移植等」という。)により、定期予防接種で獲得した免疫が低下または消失したため、任意で再度の予防接種が必要と医師が判断された20歳未満の方が接種する場合に、申請により接種費用の一部または全部を助成する事業を実施しています。

助成対象者

以下の全ての要件を満たす方、またはその保護者
1 再接種を受ける時点で桜井市に住民票があり、年齢が20歳未満の方。
2 骨髄移植等により接種済みの定期予防接種の効果が期待できないと医師が認める方。
3 令和4年4月1日以降に国内の医療機関において再接種を受ける方。  

助成対象となる予防接種

予防接種実施規則(昭和33年厚生省令第27号)の規定に基づき定期接種として接種したワクチンで、医師が必要と認めるものの再接種  

助成金額

以下の1と2のいずれか少ない方の金額
1 実際に支払った接種費用
2 桜井市が桜井市医師会と契約している接種単価  

申請方法

1 事前申請

再接種を受ける前に、以下の書類を提出してください。
1 助成認定申請書(第1号様式)

2 助成事業に係る医師意見書(第2号様式)

2 助成対象の決定(認定)

市において申請書類を確認し、助成対象であると認定した場合は、助成対象認定通知書をお送りします。ただし、助成対象認定通知書が届く前に再接種した場合は、助成対象外になりますのでご注意ください。  

3 再接種

母子健康手帳を持ち、申請された医療機関で再接種を受けてください。再接種費用の実費を、一度全額、接種した医療機関の窓口でお支払いください。  

4 助成金の申請

再接種をうけた日の属する年度内に、以下の書類をご提出ください。
1 再接種費助成金交付申請書(第5号様式)

2 再接種費用に関する領収書またはその写し
3 再接種の内容が記載されているもの(母子健康手帳の写しなど)  

5 助成金の振込み

申請書類を審査の結果、適当と認めた場合は、市から「助成金承認決定通知書」をお送りします。通知書を受け取ってから1か月程度で指定された口座へ助成金を振り込みます。通帳記帳等で入金確認をお願いします。  

お問い合わせ

桜井市役所 福祉保健部 けんこう増進課
〒633-0062 桜井市大字粟殿1000-1
電話:0744-45-3443
ファックス:0744-45-1785
メールフォームによるお問い合わせ