行財政改革大綱

更新日:2022年03月01日

桜井市行財政改革大綱を策定

本市は、新たな行財政改革の指針となる「桜井市行財政改革大綱」を平成26年5月に策定しました。

この大綱は、これから地域経営・行政経営を進めるにあたっての基本的な考え方をまとめたものです。    

行財政改革とは

国や地方自治体が、財政面での経費節減と効率性とともに、行政サービスの質を向上させることを目的として行う改革を行財政改革と言います。本市においては、平成16年度以降、危機的な財政状況から脱却し財政健全化を図るため、特にコスト削減、事業や組織のスリム化、収入確保について重点的に取り組みを進めてきました。  

政策実現のための行財政改革へ

財政面において重点的な取り組みを進めた結果、財政状況は一定の改善を果たしましたが、市民ニーズや課題への対応が十分ではなく、課題を先送りする結果になっている現状もあります。

これからの地域経営・行政経営を考えると、財政健全化については継続して取り組んでいく必要があり、一方では、活力ある将来のまちづくりを推進していくことがより一層、大事になってきます。このことから財政健全化とともに「政策実現」を目的とする新しい行財政改革大綱を策定することになりました。  

新しい行財政改革大綱の策定

大綱の策定にあたっては平成25年11月から桜井市行財政改革推進懇話会を開催し、有識者の方から提言をいただきました。平成26年の3月には、大綱案についてパブリックコメントを募集しましたが意見はありませんでした。その後、市としての検討を経て、平成26年の5月に行財政改革大綱を策定しました。 大綱は、従来の財政健全化をめざす取り組みは継続しながら、政策実現のための改革をめざして、3つの基本方針に基づき9つの取組方針を定めています。    

行財政改革大綱(平成26年5月策定)

行財政改革大綱の構成

この大綱に基づき、具体的な実施計画となる「桜井市行財政改革アクションプラン」を策定しています。

お問い合わせ

桜井市役所 市長公室 行政経営課 行政経営係
〒633-8585 桜井市大字粟殿432-1
電話:0744-42-9111(内線1261)
ファックス:0744-42-2656
メールフォームによるお問い合わせ