現在の位置

高齢者福祉電話等貸与事業

 ひとり暮らし等で、安否の確認や急病など不測の事態に備えるため、高齢者に福祉電話・緊急通報装置を貸与します。

 

【福祉電話】

 電話を貸与することによって、低所得者の負担の軽減と安否確認に寄与します。

・対象者

 市内に居住するおおむね65歳以上のひとり暮らしの者等で、安否の確認を行う必要があると認められる市民税非課税(世帯に属する)者

・費用負担

 電話の設置に係る費用および維持に要する費用は市役所が負担し、日々の電話料金は借受人が負担します。

 

【緊急通報装置】

 緊急通報装置を貸与することによって、急病など不測の事態に備えます。

(110番・119番へ通報を行う装置ではありません。市から委託を受けた業者のコールセンターへ通報します。なお、必要に応じてコールセンターより119番通報や借受人より依頼を受けた協力員さんの電話へ連絡します。)

 他にも、24時間対応の健康相談や月に一度の安否確認のためのお伺いコール等のサービスもあります。

  • 対象者

 福祉電話と同じです。

  • 費用負担

 緊急通報装置に係る費用は、市役所が負担します。

 

<協力員さんへ>

緊急通報装置を設置されている利用者様に対して、協力員の方々に以下のことをお願いする場合があります。

 

  • 利用者様から通報が入って、緊急事態と判断し、救急車を要請した時に利用者様を励ましていただいたり、救急車の誘導をお願いすることがあります。

 

  • 利用者様から通報が入って応答がないときは、室内で倒れて意識不明の状況ということも予想されます。このような場合、現場確認をお願いすることがあります。あるいは応答があり救急出動は必要ないが、はっきりとした状況が分からないときに様子を見に行っていただくことをお願いしております。

 

  • 月に一度、コールセンターから利用者様へお伺いコールをかけていますが、何回電話してもつながらないことがあります。その場合、利用者様の状況をお伺いしたり、利用者様のお宅を訪問して確認をお願いすることがあります。

 

  • 利用者様宅へ訪問された時は、ペンダントがどこにあるか確認していただき、いつもペンダントをお持ちいただくようにお願いしてください。また、訪問した際は試し押しをしていただき、いつでも気軽に通報できることをお伝えください。

 

<利用の申請>

 高齢福祉課へ申請していただきます

  • 高齢福祉課窓口で、所定の申請用紙に必要事項を記入し申請してください。
  • その他詳しいことは、高齢福祉課までお問い合わせください。

桜井市福祉電話等貸与規程(PDF:144.9KB)

お問い合わせ先
桜井市役所 福祉保険部 高齢福祉課 介護保険係
〒633-8585 桜井市大字粟殿432-1
電話:0744-42-9111(内線286・287・279)
FAX:0744-44-2172
メールフォームによるお問い合わせ